建設コンセプト

誇りとぬくもり舞浜倶楽部新浦安フォーラム建築コンセプト

ご入居者・ご家族、地域の方、そして働くスタッフの
誇りになることを目指した品格ある外観

ミントブルーに白がアクセントの美しい外観は、街のランドマークのひとつにもなっています。

 

 

※写真をクリックすると、外観のギャラリーが表示されます。

これまで生活していた規模や
雰囲気を継承する居住スペース

「施設」ではなく「住居」であることにまっすぐ向き合った空間デザイン。

ご入居者がこれまで生活してこられた住まいを規模の面でも雰囲気の面でも再現することで、

安心して暮らしに慣れていただくことを目指しました。

どこか懐かしい風景

和の雰囲気、家庭的な居間のしつらい、必要な介助を受けながらひとりでゆっくり入れるヒノキの浴槽、

自然と移動を誘導する優しい色彩など、建築という分野でケアに関与できることを追求しています。

ユニット入り口の玄関スペース

家庭的な雰囲気のユニットリビング

木の香を楽しめるヒノキの浴槽
天然素材のあたたかさ

あたたかな手触りの珪藻土の壁

杉の無垢材を使った床

ユニット「表札」にも天然素材を使用

 舞浜倶楽部新浦安フォーラム 施設建築 惣道 和昭 氏

神奈川県出身。1 級建築士。有限会社 惣道建築計画事務所代表。

海外の高齢者住宅を視察し、高齢者施設の計画・設計の専門家として、多数の実績を保有。「有料老人ホームの開設マニュアル」(シルバーウエルビジネス /2002 年)「新浦安フォーラムの設計について」(財団法人高齢者住宅財団・財団ニュース/2008 年)など、高齢者住宅に関する執筆者としても著名。また、日本のランドマークとなる晴海トリトンスクエア、恵比寿ガーデンプレイスなど有名建築物の設計チームに参画。舞浜倶楽部がソフト面でサポートした中国・北京の康語軒倶楽部をはじめ、アジアへ活動の域を拡げている。