富士見サンヴァーロの人

大切な人に
受けてほしいケアのかたち富士見サンヴァーロの人

 

ご入居者ご家族との信頼関係を大切に

富士見サンヴァーロ施設長 秋山 智

ご入居者を中心に置き、その方にあわせて各課がそれぞれのサービスを提供できるよう心がけています。 認知症の方にとってとても大切な、生活習慣、生活のリズムを保てるよう気を付けています。これまでの富士見サンヴァーロの歩みを引き継ぎ、更なる生活のしやすい環境づくりを追求していきます。よろしくお願いいたします。

ケアプランにも組み込まれている

富士見サンヴァーロ ケアサービス課 課長 佐生 綾夏

ご入居者一人ひとりがその方らしく生活できるよう、毎日を支えたいと思っています。それぞれの価値観を尊重し、これまでの生活のリズムを変えないことが、ご入居者にとっての心地よい暮らしにつながります。ご入居者が笑顔で生活できるように、スタッフとともに、きめ細かなケアを提供して参ります。

「おいしい」の一言を励みに

富士見サンヴァーロ食事サービス課 課長 石井 輔

ご入居者に「今日の○○はおいしかった」などと声をかけていただけるのが、食事サービス課全員の励みになっています。季節ごとの旬の食材をできるだけ取り入れたり、歳時記にあわせた献立などにも力を入れています。行事食などでちょっと遊び心を盛り込んでみたりすると、とても喜んで笑ってくれるご入居者。その笑顔のためにこれからもがんばります!

体調変化の「兆し」に気づく看護

富士見サンヴァーロ 看護課 課長 依田 安代

富士見サンヴァーロは、ご入居者の「家」ですから、穏やかに毎日を送れることが一番です。体調が安定していることが、穏やかな日々の基本になりますので、ご入居者と笑顔で接しながら、小さな変化を見逃さないようにしています。
体調に不安があるときは、ご遠慮なく看護スタッフにお声かけください。

誰にとっても過ごしやすい場所

富士見サンヴァーロ 事務管理課 課長代理 尾崎 祐文

ご入居者はもちろんですが、訪れるご家族や、職員にとっても、富士見サンヴァーロが過ごしやすい場所となるよう心がけています。
私自身、介護職の経験もあり、スタッフの介護に対する熱意がよくわかります。その想いを原動力にし、楽しく働き続けてもらえるといいと思っています。