介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部

 

文字サイズ会社案内リクルートお問い合わせ窓口サイトマップ
文字を拡大 文字普通
舞浜日記> 新浦安フォーラム
舞浜日記 舞浜倶楽部のケア事例
介護の悩みを共有します
舞浜倶楽部新浦安フォーラムの入居者・スタッフにまつわる行事や出来事をご紹介します。
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2016年12月25日 クリスマス会

新浦安フォーラムの一年を締めくくる行事「クリスマス会」を開催しました。スタッフが、クリスマスの飾りつけをした大教室で、楽しいひとときを過ごしました。

舞浜倶楽部ブラスバンドデビューコンサート♪

今年のクリスマスは、いきなりのサプライズからスタート。なんと!スタッフによる金管バンド、「舞浜倶楽部ブラスバンド」がデビューを飾りました。
ピアノ、サックス、トロンボーン、ユーフォニアム、ボーカルの5人のメンバーで、この日のために結成され、練習を重ねてきました。
演奏の最初は「クリスマスメドレー」。軽快なクリスマスソングに合わせてご入居者の手拍子が沸き起こります。曲が終わるとご入居者から盛大な拍手とともに「ブラボー!」のお声がかかりました。続いて「ラストクリスマス」をボーカルのスタッフが歌います。オリジナルを歌ったバンド”ワム!”に勝るとも劣らない歌声に、一瞬どよめき、その後、うっとりと聴き入るご入居者でした。

最後はご入居者によるブンネ演奏と舞浜倶楽部ブラスバンドのコラボレーション。

曲は「赤鼻のトナカイ」です。スタッフから、「音楽に合わせて皆さん一緒に歌いましょう」と会場全体に参加を呼びかけ、歌詞カードをくばりました。演奏と歌で会場が一体となりとても盛り上がり、今年最後の行事にふさわしいフィナーレとなりました。また来年も楽しみですね。

サンタさんの訪問

クリスマス会が終わりユニットに戻られたご入居者。クリスマスのショートケーキを召し上っているところに、代表取締役社長のグスタフとスウェーデンからやってきた甥っ子がサンタクロースに扮し突撃訪問!ご入居者お一人おひとりに、挨拶をしてまわります。「メリークリスマスサンタクロースがやってきました」と話かけるとご入居者もニッコリと笑顔でこたえていらしゃいました。

実行委員より
「舞浜倶楽部ブラスバンド」が無事デビューできてホッとしました。今日のために練習を重ねてきましたが、直前まで緊張で上手く演奏できるか不安でした。ご入居者の楽しんでいる姿を見て、練習を頑張ったなによりのご褒美になりました。ブンネ演奏の指揮もバッチリできてご入居者との息の合った演奏が披露できた思います。
今年のクリスマス会に点数をつけるなら、やっぱり「100点満点」ですね(笑)。ご協力くださったみなさん。ありがとうございました。100点に驕ることなく来年もより良いクリスマス会になるように盛り上げていきたいと思います!

スペシャルクリスマスランチ!

前日の24日は、クリスマスランチを召し上がっていただきました。
北欧風のサラダに、ビーフシチューにはブロッコリー、人参などを彩りよく添えました。オープンサンドは毎年ご入居者に大好評で今年も、大変喜んでいただけたようです。
クリスマスランチ Menu
  北欧風のサラダ
  ビーフシチュー
  オープンサンド
  マンゴープリン
     
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年12月21日 冬至

一年で一番日が短い日、「冬至」。季節の折り返し点ともいえる変わり目に、特別なことをしたり、特別なものを食べたり。日本には、そんな風物詩がたくさんあり、新浦安フォーラムでも、そうした節目を大切にしています。
冬至といえば、「ゆず湯」と「かぼちゃ」。ヒノキの湯船にはゆずが浮かび、お昼のお膳には、身体の芯から温まる「ほうとう」が並びました。

「ゆず湯」は、血行を促進して冷え性を緩和するほか、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあり、寒い冬にはぴったりです。ご入居者に、ゆずをお渡しし、「今日は、ゆず湯ですよ」と声をかけると、「ああ、冬至なのね」とうれしそうに顔を輝かせる方が多くみられました。ゆずの香漂う浴槽で、冬至の思い出話なども飛び出して、リラックスされているご様子でした。


冬至のもうひとつの風物は、かぼちゃ。例年は煮物でお出しすることが多かったのですが、今年は、「ほうとううどん」にしてみました。かぼちゃの他に、旬のキノコや根菜などの野菜をたくさん入れて煮込み、絹さやと青ネギで彩を添えます。
味噌仕立てのだしに、カボチャを溶かし入れ、こっくりと仕上げた濃厚な「ほうとう」に、ご入居者も大満足のご様子でした。

ゆず湯もかぼちゃも、これから厳しくなる寒い冬に備え、「風邪予防」の意味も兼ねた風習。ご入居者の健やかな日々願うスタッフの気持も新たになりました。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年12月10日 ノーベル晩餐会

12月10日に首都ストックホルムでノーベル賞の授賞式が行われ、日本の大隅良典氏が生理学・医学賞を受賞しメダルを受け取る様子がニュースとなりました。

この時期に合わせ舞浜倶楽部では、晩餐会のお料理を再現したノーベル晩餐会を開催しており今年で7回目となりました。

お出迎え

代表取締役社長のグスタフがお一人おひとりに声をかけながらお出迎えし、チョコレートのメダルを渡します。ご入居者は「ありがとう」とにこやかにメダルを受けとり席に着きます。

「ノーベル晩餐会」の始まりは・・・

晩餐会の始まりは、グスタフの祖母から受け継いだ大切な「セイフティマッチ」に火をともし「ノーベルランチを開催します」の宣言でスタートしました。

続いてテーブルの上のグラスへご入居者お好みの飲み物が注がれます。

グスタフの「人生の色々なことを乗り越えてきてくださったことに感謝します。乾杯!」の発声で皆でグラスを掲げました。乾杯のあと、総料理長の柳澤より 「本日のお料理は、ノーベル賞受賞おめでとうございます。と言う気持ちで作りました。時間の許す限り楽しんで下さい」と挨拶。さっそく前菜が各テーブルへ運ばれてきます。

「ノーベル晩餐会」のメニュー

前菜は、1947年ファーストコースとして出されていたカナッペのビュッフェをアレンジしたのもの。メインのお肉は1901年の牛テンダーロインのロースト。焼き方は肉汁を逃がさない低温調理法というスタイルにアレンジしました。デザートは、ラズベリーシャーベットと手作りチーズケーキ。お食事中「美味しいわね」「お肉が柔らかいわ」など会話も弾み、和やかな雰囲気を楽しまれているご様子でした。来年もご満足いただける料理をご提供したいと思います。

ノーベル晩餐会 Menu
前菜   ロイヤルカナッペ:サーモンと甘海老
     ジェントルマンのカナッペ:アボガドと生ハム
     山葵風味のサワークリームソース

     生野菜、ニシンのマリネ、アンチョビポテト、二色のリキュールトマト

 
主菜   牛フィレ肉のとフォアグラのステーキ
     緑野菜ムースのメダイヨン、木の子のソテー
     ライ麦パン、リンゴンベリージャム
デザート ラズベリーシャーベットと自家製チーズケーキ
      コーヒー・紅茶

ミニコンサート

今年のノーベル賞はアメリカのミュージシャンであるボブ・ディランさんが文学賞を受賞され、世界的にも話題になりました。そこで今回のミニコンサートはグスタフの友人であるアーロンさんがボブ・ディランの楽曲を披露してくださいました。最初の曲は、最大のヒット・シングル「ライク・ア・ローリング・ストーン」(英: Like a Rolling Stone)。1965年7月20日にシングルとしてリリースされ、アルバム『追憶のハイウェイ61』に収録された曲です。続いて、「風に吹かれて」(英: Blow in the wind) 。ご入居者はアーロンさんの爽やかな歌声にすっかり魅了されているご様子でした。最後の曲「ミスター・タンバリンマン 」 (英: Mr. Tambourine Man) を歌い終わると花束のプレセントが。

代表のご入居者から「今日はありがとうございました」と感謝の言葉を伝えます。

アーロンさんも突然のプレゼントにとても喜ばれていらしゃいました。

また来年お会いしましょう

最後は施設長の平塚が「来年もやりたいと思いますのでまた元気で参加してください」と、挨拶しグスタフがお一人おひとりお見送りをしました。ご入居者からは、「楽しかったわ」「お料理美味しかった」などの嬉しいお言葉をたくさんいただきました。また来年も喜んでいただける晩餐会にしたいと思います。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年11月24日 作品展示会


新浦安フォーラム恒例秋の作品展示会を,2階小教室にて開催しました。
講師の先生にご指導いただきながら作られた作品や、趣味として手掛けられた作品など、ご入居者の皆さまの力作を会場いっぱいに展示し、たくさんの方にご覧いただきました。
書道では、勢いよく筆が伸びとても力強い書や、その食べ物の味が伝わってくる味わいのある作品もあります。思わず笑みがこぼれる温かな絵手紙。「そうそう」とうなづきながら一枚一枚手に取り、じっくりご覧になられているご家族の姿がありました。 手芸作品はとても繊細で色鮮やかに仕上げられており、遠くから近くからと何度も見返しておられるご家族もおられました。
会場には作品ができ上がるまでの練習風景の写真も展示し、真剣に制作に取り組まれているご様子や、いきいきと楽しみながら進めておられるご様子なども見ていただきました。 どの作品も、丁寧に気持ちを込めて作られているのが伝わってくるものばかりです。 次の作品に向けての意気込みを話されているご利用者もいらっしゃいます。来年の作品展も楽しみです。

 
舞浜倶楽部 「12月の看護課便り」
ノロウイルスについて
11月の終わりに50年ぶりの雪が降り、早い冬の訪れを感じました。
今回の看護課便りは、冬になると流行し感染性胃腸炎や食中毒を引き起こす「ノロウイルス」をテーマに、看護課課長依田がレポートいたします。
ノロウィルスは、人や食品から感染する経口(口から体内に入る)感染がほとんどで、主な症状には下痢や嘔吐、腹痛、微熱などがあります。体力のある人は感染しても症状が出ない場合がありまが、免疫力の低下した高齢者は長引くことがあり、嘔吐や下痢による脱水症状に気を付ける必要があります。感染した場合は、こまめな水分補給と栄養の補給が大切です。また、ノロウィルスは一度罹っても何度も感染することがありますので注意が必要です。
対策
予防接種のないウイルス性の疾患は予防がとても大切です。ウイルスを施設や自宅に持ち込まないために、帰宅後や食事の前、トイレの後などには石鹸を使いしっかりと手を洗い、タオルなどの共用は避けるようにしましょう。
舞浜倶楽部ではスタッフの研修会を定期的に実施し、予防法の情報共有や緊急時のウイルス対策セットの確認を行っています。また食事サービス課では、テーブルや食器のこまめな殺菌や、感染しやすい食品を口にしないなど、食中毒予防を徹底して行なっています。 感染症が流行し一年の中でいちばん気を使うこの季節。看護課ではご入居者の健康管理はもとより、スタッフの健康管理、手洗いうがいの徹底。ご面会にいらっしゃるご家族の皆さまにも手洗いうがいのご協力をお願いしております。
これからも看護課が中心となり、スタッフやご家族さまに感染症予防に対して意識をめていただけるよう取り組んで参りたいと思います。
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 11月24日の夕食
今日の夕食は海老フライがメインです。 その昔、洋食屋が日本にできたばかり頃の代表的なメニューの1つが「フライフィッシュ(魚のフライ)」でした。 魚のフライが提供されるなか、明治20年前後には、天ぷらにヒントを得た「エビフライ」が日本で誕生したいう説があり、今でも人気の洋食です。
エビフライにはタルタルソースが定番ですが、舞浜倶楽部のタルタルソースはピクルスの代わりにラッキョウを使い、和風味でご入居者に好評をいただいています。海老フライのサクサクした食感とタルタルソースの絶妙なバランスでご飯が進むご様子でした。副菜には、繊切り野菜とヘルシーな糸寒天の和もの。マカロニサラダには人参とグリンピースを入れ色鮮やかに。洋食屋さんの味を楽しんでいただきました。
**************************************

11月24日の夕食のメニュー
糸寒天と繊切り野菜・マカロニサラダ・海老フライ・タルタルソース・味噌汁・白飯

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年11月19日 アートコラージュ

今日は月に1度行われているアートコラージュ教室。ご指導くださっているのは、アクリル絵具を使った絵画やコラージュ創作のアーティスト、金森昭憲先生です。
コラージュとは「貼り付ける」という意味のフランス語。雑誌やパンフレットから自分の気に入った写真やイラストを切り抜き、ペタペタと貼っていくアートです。
この教室では、先生に用意いただい切り抜きの中から気に入ったものを選び、土台となる紙に貼って作品を完成させます。お好きな切り抜きを真剣に選ぶご入居者。食べ物を中心に選ばれたり、風景を中心に選ばれたり様々です。
最後に完成した作品を参加者全員で見ながら、先生にと一緒に振り返り。「コンビネーションが豊か」「素晴らしい発想力」などお褒めの言葉をたくさんいただき、ご入居者の皆さんは満足そうなご様子でした。
作品は秋の作品展で展示予定です。個性あふれる楽しい作品をどうぞご覧ください。
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年11月19日 青果販売

ご入居者のお待ちかねの青果販売日です。 浦安市堀江にある「伊藤青果」の2代目が、カフェテラスへたくさんの果物やお菓子を持って来てくださいました。
売れ筋商品は「みかん」。この時期旬の果物で手軽に食べらることで人気だそうです。品物を手に取ってどれにしようか迷われるご入居者。伊藤青果さんに「こっちの紫の葡萄と緑の葡萄はどちらが美味しいから」など会話も楽しみながらお買い物されていらしゃいました。果物の他にもカステラなどお買い求めになる姿もありました。
間もなくイチゴが旬ですね。次回も楽しみにお待ちください。
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年10月30日 アミーコマンメ秋いろコンサート
初登場の「アミーコマンメ」の皆さまに素敵な歌声を披露していただきました。
「アミーコマンメ」の由来は、イタリア語の「amicoアミーコ(友達)」と「mammeマンメ(ママ達)」をつけた造語で「ママ友」的なニュアンスとのこと。今回のコンサートは、ご入居者のご友人とのご縁で実現しました。
大教室では、今か今かとコンサートのスタートを待ちわびるご入居者。司会のスタッフが「アミーコマンメの皆さんです!」と紹介すると大きな拍手でお迎えしました。
最初は「赤とんぼ」「もみじ」「小さい秋見つけた」「旅愁」の歌で秋を感じました。 続いてお髭をつけコロッケの絵とともに、浅草オペラ「コロッケの唄」や「ベアトリ姐ちゃん」「恋とやさし野辺の花よ」を、おもしろ可笑しく歌ってくださいました。浅草オペラは、東京の一大歓楽街や浅草公園6区(現在の浅草寺の西側)を中心に上演された大衆向けの歌劇です。楽しい歌声にご入居者はすっかり魅了されていらしゃいました。

浅草オペラが終わるとサプライズゲストの登場です。「アミーコマンメ」の皆さまのお子さんが「赤とんぼ」を歌ってくださいました。かわいらしい歌声にご入居者も思わず笑顔に。続いてご入居者と一緒に「丘を越えて」「見上げてごらん夜の星を」を歌います。大教室いっぱいに元気な歌声が響き渡りました。
最後の曲は、中山晋平の三部作「雨降りお月さん」「しゃぼん玉」「鞠と殿様」です。曲に合わせてリズミカルに右に左に身体を揺らしたり、口ずさむご入居者もいらしゃりご満足そうなご様子でした。 コンサートが終わると感謝の気持ちを込めてご入居者から花束のプレゼント。
アミーコマンメの皆さま、楽しい歌声を届けてくださりありがとうございました。
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年10月24日 避難訓練

浦安フォーラムにサイレンが鳴り響きます。「大きな地震が発生しました。ご入居者、ご利用者の安否を確認してください。地震による火災発生…これは訓練です」サイレンのあと館内放送が流れました。心配そうなご様子のご入居者やご利用者に「大丈夫ですよ。これは訓練ですからね」とスタッフが優しく語りかけます。
先ずは横移動でエレベーターホールへ避難の開始です。「初期消火が失敗しました」と再び館内放送が流れエレベータホールで待機していると、まもなく「消防隊が到着し鎮火しました」のアナウンスが。皆さまホッとしたご様子でした。すぐにスタッフの誘導で1階のラウンジスペースへ避難し訓練は終了です。
最後に施設長の平塚から「皆さまお疲れ様でした。今回は避難に15分かかりました。予定していたより少し多く時間がかかりましたので、次はもう少し早く非難できるようにしましょう。地震が発生したときは自分の身を守るため、机の下に隠れたりするようにしてください。今日はご協力ありがとうございました」と総括があり解散となりました。
これからもより敏速に避難誘導ができるよ訓練を続けてまいります。
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 10月24日の夕食
お楽しみの夕食の時間になりました。今日は魚介がメインのメニューです。
帆立はワカメとキュウリと合わせ酢の物にしました。帆立には、体の細胞を正常な状態へ導くタウリンが豊富で、その含有量は魚介類の中でもトップクラスと言われています。鰤ステーキは大根おろしを添えて召し上がっていただきました。鰤は青魚の中でもとても栄養価が高く血液をサラサラにしコレステロールを抑え、脳を活性化する栄養成分が含まれいます。 副菜のオクラは鰹節をまぶしサッパリと召し上がっていただきました。
寒くなってくると風邪などの感染症にかかりやすくなりますので、しっかりと栄養をとっていただ 元気に冬を乗り越えていただければと思います。
**************************************

10月24日の夕食のメニュー
オクラの土佐和え・帆立の酢の物・鰤ステーキ・浅漬け・味噌汁・白飯

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2016年10月17日 「離れ家」 会席料理

離れ家から楽しそうな会話が聞こえてきます。今日はご入居者の郷晴弘さま96歳のお誕生日をお祝いするため、ご家族ご友人の皆さまが集まりました。

お席に着かれた郷さまは、「お誕生日お祝い御席」と書かれた献立表をご満悦の様子でご覧になっています。 テーブルに準備されたグラスにワインやビールなどが注がれ「郷さん本日はお誕生日おめでとうございます!」と乾杯から宴は始まりました。 日本の秋田舎を表現した前菜が運ばれてくると「わー素敵ね」「もう目で見るだけで満足だわ」と歓声が飛び交います。土瓶蒸しは、松茸とお出汁の香りを楽しまれながら召し上がっていらしゃいました。それぞれ秋が散りばめられた多彩な料理に、舌鼓を打ちながらお話も弾みます。「こんな素敵な場所があるのね」と嬉しいお声もいただきました。最後は、お持ちいただいた96歳のロウソクを灯したバースデーケーキを郷さまへ。 皆で「ハッピーバースデートゥーユー!」の大合唱です。

「フーッ」とロウソクを吹き消し「おめでとう!」とお祝いの言葉を皆さん贈られてていました。

郷さま、いつもまでもお元気で、またのご利用お待ちしております。

**************************************
10月17日会席料理お献立
前菜(柿と湿地の白酢和え・クコの実・かます棒寿司・酢取り茗荷・新銀杏松葉・甘海老紅葉和え・三つ葉・酢橘釜盛り・イクラ卸し・合鴨ロース煮・焼き目栗茶巾・袱紗玉子・穴子煮凝り・絹かつぎ・紅葉麩・たたみ鰯磯部焼き・サーモン砧巻き)煮物椀(土瓶蒸し)造里(紅葉鯛 本鮪 煽り烏賊)蒸し物(甘鯛蕪蒸し 菊花あん 山椒) 焼皿(和牛サーロインステーキ 松茸挟み炭火焼き 秋野菜色々 ポン酢)御食事(栗御飯釜炊き 黒胡麻)溜椀(赤出汁 浅利 葱 山椒)香の物(盛り合わせ)水菓子(ラフランス 巨峰)

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年10月15日 運営懇談会
ご入居者、ご家族にお集まりいただき、第30回運営懇談会を開催しました。
まず施設から、ご入居者のご様子、10月1日現在の体制と人事についてのご報告をさせていただきました。
続いて事務管理課から食事の収支報告と、今年度実施した法令点検、保守点検、清掃についての報告、並びに今後の予定をお伝えしまた。
ケアサービス課からは、感染症が流行しやすくなるこれからの時期のスタッフの健康管理と予防策について、買い物代行業務の一部ネットスーパー利用について、運用までのスケジュールをご説明いたしました。また今後の行事予定として、ご入居者の作品展覧会、ノーベル晩餐会、新年祝賀会のご案内をさせていただきました。
看護課からは、健康診断、インフルエンザ予防接種、ノロウイルスについての施設の取り組みと、ご家族の皆さまへご面会時の手洗いうがいの徹底をお願いしました。
食事サービス課からは体制変更の報告と、特別献立の敬老祝い膳が好評だったことをお伝えし、今後予定しているノーベル晩餐会、クリスマス料理、正月料理のご案内をしました。また、感染症予防対策の徹底を図っていることを説明しました。
今後もご入居者ご家族のご要望ご意見を承り、より良い施設運営を目指して参りたいと思います。
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2016年10月9日 運動会

毎年恒例の運動会を大教室で開催しました。爽やかな秋晴のなか、白熱した競技合戦となりご入居者は最後まで大奮闘。楽しい運動会となりました。

開会式と選手宣誓!

はじめに実行委員のスタッフの瀬川より、「今日1日よろしくお願いします。皆で盛り上がっていきしょう」と挨拶。続いて紅組白組のご入居者代表が「宣誓!我々選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、転ばず、ケガをすることなく、楽しく無事に競技を行うことを誓います!」と選手宣誓。いよいよ運動会がスタートしました。

競技スタート!


ケガの予防とより良いパフォーマンスを発揮していただくために先ずは、ラジオ体操を行います。ウオーミングアップで体がほぐれたところで 、プログラム1番「ウルトラクイズ」です。「問題!2020年に開催されるオリンピック名はなんでしょう?」。答えは2択です。「1、東京オリンピック 2、リオデジャネイロオリンピックさてどっちでしょう」番号が書かれた紙で回答していただきます。第2問

「笑う門には〇〇来たる?」などのことわざクイズや、舞浜倶楽部イベントクイズ、時事ニュースクイズなどが出題され、スタッフに相談したり、ご入居者同士やご家族と考えたり皆さま楽しまれているご様子でした。
プログラム2番は「スタッフによる借り物競争」です。ご入居者の皆さまに借り物となる色々なアイテムを持っていただき、スタッフが探し出します。リボンや被り物、仮面やメガネなど様々なアイテムを見つけ出し装着すると、最後はパン食い競争でゴール。プラグラム3番「玉運び」と4番「玉入れ」はどちらの競技も白熱した戦いとなりました。


運動会の前に皆でラジオ体操!身体をほぐします

ウルトラクイズが出題され!ファイナルアンサー?!

借り物競争のアイテムを手に持ちドキドキ!

借り物競争の最後はパンク食い競争!

玉運びはチームプレーで勝敗が決まります

手に汗握った玉入れ合戦

メインの応援合戦!

最後は、運動会のメインイベント応援合戦です。先行は紅組。応援団長が「紅組の皆さん用意はいいですか!熱くなったので上着を脱ぎます。いきまーす!三三七拍子!」闘志に燃える応援団長。ご入居者も応援団長の熱い思いを受取り応援します。「リンゴの色は」「赤!」「チーバくんの色は!」「赤!」と気分を上げていき、紅組応援歌「上を向いて歩こう」を熱唱。続いて白組の応援合戦が始まりました。三三七拍子に続いて応援団長がご入居者に呼びかけます。「雪の色は」「白!」「雲の色は」「白!」「絶対勝つのは」「白!」と紅組に負けずと気合を入れると、白組応援歌の「365歩のテーマ」を歌います。会場はご入居者とスタッフの熱気に包まれました。

気になる結果は…?

全ての競技が終わりドキドキの結果発表。実行委員のスタッフから「紅組も白組もよく頑張ったので引き分けです!」 と結果が発表されると会場は温かいムードに包まれました。勝敗の行方が決まったあとは、 表彰状授与です。各ユニットの代表の方に表彰状をお渡ししました。 「来年も元気に運動会を迎えられますように!」と実行委員のスタッフの言葉で運動会は終了となりました。

実行委員より
前日のリハーサルは1時間かけて行いましたが、いざ本番を迎えると、機材トラブルなど反省点もありました。最終的には盛り上がってとてもいいい運動会になったと思います。ケガなく無事に終わってとにかくホッとしました。なによりご入居者の笑顔をたくさん見ることができて、とても嬉しかったです。
舞浜倶楽部ページトップ
会社案内リクルートお問い合わせサイトマップ
MAIHAMA CLUB CO., LTD. All rights reserved. 
 
介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部
本社/ 〒279-0023 千葉県浦安市高洲1-2-1 TEL.047-304-2400 FAX.047-352-7302