介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部

 

文字サイズ会社案内リクルートお問い合わせ窓口サイトマップ
文字を拡大 文字普通
舞浜日記> 新浦安フォーラム
舞浜日記 舞浜倶楽部のケア事例
介護の悩みを共有します
舞浜倶楽部新浦安フォーラムの入居者・スタッフにまつわる行事や出来事をご紹介します。
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2016年9月24日 「離れ家」 会席料理

今日の離れ家は大忙し。今月88歳のお誕生日を迎えられたご入居者の米寿のお祝いに、ご家族が集まってお祝いの食事会を開かれるとあって、食事サービス課一同気合いが入っています。 離れ家の床の間にもご家族手作りのお祝いの飾りをご用意、お子さま、お孫さま、ひ孫さまが集まったところで、本日の主人公の登場です。

今日のお料理は、初秋をテーマにご入居者が日頃からお好きな食材を盛り込んで会席に仕立てています。

ご本人用には、食べやすいように食材をひとつひとつペーストやゼリー状にするなどした後、他の方と同じ食器に盛り付けてご提供。また、年少のひ孫さまには、チキンライスの上に舞浜倶楽部の旗を立てたお子さまランチをご用意しました。

デザートの後には、お持ちいただいたバースデーケーキが登場、ひ孫さまの演奏で「ハッピバースデートゥーユー♪」と声をそろえるご家族でした。 水入らずの心が通うひと時に、ご入居者もご家族も終始楽しげ、温かなお祝いの席となりました。

**************************************
9月24日会席料理お献立
前菜(・胡桃豆腐・金時草浸し・合鴨ロース・かます棒寿司・甘海老もみじ和え・いくら卸し)煮物椀(土瓶蒸し)造里(本鮪 真鯛 平目)蒸し物(秋鮭けんちん蒸し 木の子菊花餡かけ 焼皿(和牛サーロインステーキ 焼き松茸 秋野菜を添え 焼きトマト ポテサラ鋳込み)御食事(栗御飯釜炊き)溜椀(赤出汁 庄内麩 葱 粉山椒)香の物(盛り合わせ)水菓子(桃 巨峰)和菓子(みんなで焼き芋)                                  

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2016年9月19日 敬老会

小雨が降りしきる中、ご入居者のご家族にもご参加いただき「敬老会」を行いました。紅白の幕で飾りつけられた教室は満員。 ケアサービス課の羽富の司会で敬老会がスタートしました。

劇団野崎による「鶴野さんの恩返し」

最初の出し物は、スタッフ「劇団野崎」による「鶴野さんの恩返し」。昔話の「つるの恩返し」をアレンジしたお話です。
原作では鶴はどこかへ行ってしまう悲しいお話ですが、今回の劇では一度は消えてし まった鶴が、優しい老夫婦のところにもう一度戻り幸せになるという心温まるストーリー。
ハッピーエンドな結末と劇団員の熱演に会場から温かい拍手をいただきました。
新浦安フォーラムの敬老会で毎年劇を公演する劇団野崎。今年で6年目を迎えます。
7月から2か月近く準備・練習を重ねてきた成果を、十分に発揮することができたようです。

合唱と歌

続いては、ギターの伴奏に合わせて、ご入居者、スタッフ全員で「ふるさと」と「炭坑節」を大合唱。大きな声で気持ち良さそうに皆さん歌っていらっしゃいました。 最後はこの季節にぴったりな曲「夏の終わりのハーモニー」。スタッフ中島のギターの弾き語りに、二戸が声を合わせ熱唱しました。
きれいなハーモニーにご入居者はうっとりと聞き入っているご様子でした。
おやつにはどらやきをご用意。「とってもおいしい!」と好評でした。
敬老会が全て終わり皆さま各お部屋に戻られた頃、劇団員が各ユニットをまわり、記念写真とご挨拶。ご入居者から歓声があがり、とても喜んでいただけました。

敬老の日祝い膳

敬老の日祝い膳は、22日秋分の日に「松花堂弁当」をご用意しました。十字形の仕切りがある弁当箱に、お刺身、焼き物、煮物、御飯などを、美味しそうに見栄え良く盛り付けました。 松茸や秋鮭など秋の味覚を盛り込み、品数も多く、ご入居者に満足していただけたようです。

**************************************

お品書き【敬老の日祝い膳 松花堂弁当】
口取り(菊菜菊花浸し・秋鮭西京焼き・酢取茗荷・小袖玉子・牛肉アスパラ巻・青唐油焼き・海老イクラ・石垣寄せ・もろこ甘露煮・銀杏丸十レモン煮・焼き目栗)
造里(鮪・真鯛) 煮物(蕪・蟹餡かけ) 御飯(松茸五目御飯・三つ葉・香の物)
味噌汁(赤出汁)蒸し物(スープ蒸し)デザート(季節の果物)

劇団員より
「劇団野崎」団長の野崎です。新浦安フォーラムの有志のスタッフたちがこの日のために夜な夜な集まり、一生懸命練習を重ね、道具や衣装の準備をしました。去年から温めてきた「鶴野さんの恩返し」で、皆さまの喜んでいるお顔を見ることが出来てホッとして います。来年もまた、元気に皆さまと一緒に敬老会を迎えたいと思っています。ありがとうございました。
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年9月3日 浦安男声合唱団コンサート

ご入居者の皆さんに大人気の「浦安男声合唱団」の皆さんをお迎えし、芸術の秋の第1弾、「男声合唱コンサート」を楽しみました。
今回は団員23名と紅一点伴奏の若山先生で登場。昭和30年代~40年代に流行した男声重唱団「ダークダックス」や「ボニージャックス」を彷彿させる、素晴らしいハーモニーを聴かせてくださいました。
プログラム

ご用意いただいたプログラムは全15曲。前半は、団員の皆さんがステージから「長崎の鐘」をはじめ昭和の名曲や男性合唱組曲を披露。 後半は一緒に歌いましょう!とステージを降り、ご入居者のすぐ側で、唱歌や1960年代に流行った青春歌謡「高校三年生」などを歌ってくださいました。
深みのある温かな歌声に、まさにうっとりと聞き惚れるている、そんな表情のご入居者。後半は、団員さんの歌声の迫力を間近に感じながら一緒に歌い、より一層楽しそうなご様子でした。



あっという間に最後の曲となり、お礼の花束を贈呈。準備をしていなかったと言うアンコールにも快く応えていただき、団員の皆さんが普段からよく歌っている「いざ立て戦人よ」を熱唱してくださいました。
昨年30周年を迎えられた「浦安男声合唱団」の歌声には、日頃の熱心な練習の成果と長年の経験からくる自信を感じました。10月には放送大学の秋祭りに、11月には近隣の男声合唱団の皆さんとの演奏会にご出演予定とのこと。ご成功、ご活躍をお祈りしています。本日はどうもありがとうございました。

 
新舞浜倶楽部浦安フォーラム 2016年8月28日 納涼祭

山から町へ赤とんぼが下りてくる頃となり、新浦安フォーラムでは夏のフィナーレ「納涼祭」を開催しました。浴衣や甚平、法被に身を包んだスタッフが、ご入居者やご家族を笑顔で迎えます。大教室はお祭りの縁日さながらです。午前の部は、輪投げやヨーヨー釣り、がらがらくじでお楽しみいただき、午後は屋台のお食事、盆踊りと盛り沢山です。

模擬店で景品獲得のチャンス♪

まずは輪投げに挑戦。浴衣に身を包んだスタッフが応援にかけつけます。よーく狙いをさだめて「エイッ!」と威勢よく輪を投げます。3回のチャンスで狙った商品が、輪の中に入るとニコニコ顔になったり、希望の景品から輪が外れてしまいガッカリされたり一喜一憂されていました。

何色の玉が出てくるかお楽しみのがらがらくじ♪

「いらしゃい!いらしゃい!」と威勢のいい声につられて、ご入居者ががらがらくじに集まってきました。ガラガラと回す手に力が入ります。「何色がでるかな?」とスタッフ。玉が出てくると 「あー」と残念そうな声や「おー」と嬉しそうな声。景品をもらうと「何かしらね」とワクワクしながら、次の模擬店へ向かいます。

ヨーヨー釣り♪

「難しいわね」と最初は苦戦していたご入居者も、スタッフのアドバイスであっという間にコツをつかみます。一度に二つ三つと釣り上げる方もいらしゃいました。たくさん釣れたヨーヨーを「孫にあげようかしら」と嬉しそうにお話しされご満足のご様子でした。

午後の部は美味しい模擬店からスタート♪

今年の納涼祭の美味しい模擬店は、「あんみつ」と「たこ焼き」をご用意しました。寒天にあんこをのせて清涼感たっぷりの「あんみつ」にご入居者の目が輝きます。のど越しもよくつるっとご入居者のお腹におさまりました。

たこ焼きはご入居者の前で焼き上げます。たこ焼き器に生地を流し、たこ焼きピックでクルっと返しクルッと返しを繰り返すと、たこ焼きのできあがり。お待ちかねのご入居者がさっそく列に並びます。皆さん美味しそうに召し上がっていました。お腹も満たされいよいよ盆踊りが始まります。

ヨーヨー釣りマスター表彰♪

スタッフから「盆踊りの前に表彰式を行います。ヨーヨーをたくさん釣り上げた2名の方を表彰したいと思います。皆さん祝福の拍手をお願いします」と上位2名の方に表彰状が授与されました。思いがけない出来事に、少し戸惑いながらも手にした表彰状をながめ嬉しそうなご様子でした。

納涼祭のフィナーレ盆踊り♪

今年の盆踊りは、浦安堀江婦人会の皆さまをお招きしました。先ずは「浦安盆踊り唄」。続いて「浦安ばやし」「花火音頭」「南部よされ」の4曲を踊ったところで堀江婦人会の皆さまから「次の曲から皆さんも一緒に踊りましょう」とお声がかかります。さっそくご入居者、スタッフが踊りの輪に加わりました。何曲か踊ったところで、ひと休み。すると堀江婦人会の代表の方から「今から『相撲甚句』を唄います。相撲甚句は江戸時代から力士が余興的に土俵で唄う、歴史のある唄です」と説明があり素敵な歌声を披露してくださいました。

お盆踊りが再開し1曲目は「炭坑節」。曲が始まるとご入居者、スタッフがどんどん加わり踊りの輪が広がっていきました。「キヨシのズンドコ節」ではマラカスでリズムをとりながら踊られる方もいらっしゃり、ますます盛り上がります。最後は「ゆかた音頭」でフィナーレ。と思ったら、休憩時間に披露してくださった「相撲甚句」を再び唄ってくださる粋なはからいがありました。その後スタッフの中島が「ボクも歌いたくなっちゃいました」と突然ブンネギター片手に「今日の日はさようなら」を熱唱。拍手喝采を浴びお開きとなりました。
大盛り上がりの新浦安フォーラム納涼祭。ご入居者だけでなくスタッフも楽しい時間を過ごせました。来年の納涼祭も楽しみです。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年8月22日 避難訓練


「強い台風9号は、関東地方に上陸。猛烈な雨、暴風に一層の警戒をしてください」と実際にニュースが流れています。台風9号が上陸中に、本番さながらに避難訓練を実施。今回は、台風に伴う河川の氾濫による浸水を想定して行いました。

訓練が始まる前に、避難の段取りや注意事項などをスタッフが入念に打ち合わせしています。すると 「台風による大雨で河川が氾濫し浸水の恐れがあります。速やかに避難してください」とサイレンとともに館内放送が流れました。

スタッフの指示でご入居者、ご利用者は2階の大教室へ避難。食事サービス課のスタッフが、非常食や非常飲料も大教室へ運び込みます。緊張感のある雰囲気に不安そうなそぶりのご入居者。「これは訓練です」と放送が流れると、少しホッとされたご様子でした。
ご入居者、ご利用者、スタッフの避難が終わると「台風による浸水の恐れはなくなり、安全確認ができました」と館内放送が流れ訓練は終了。
最後に施設長の平塚から「皆さんお疲れさまでした。今日は本当の台風が上陸しているなかの避難訓練でしたね。今日の訓練では、非常食、飲料水を運び込む練習も行いました。水と食事は常時3日間分は用意していますので安心してください。」と説明し訓練を締めくくりました。
今回は河川の氾濫を想定し上への移動避難でしたが、次回は津波を想定した訓練を行う予定です。今日の避難訓練について、スタッフ内でしっかり振り返りをして、安全に努めて参ります。
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年8月17日 ソプラノコンサート

声楽家のリ・ユジンさんをお迎えし、ソプラノコンサートを開催しました。
「昨年のクリスマス会以来ですね。また皆さんにお会いできてうれしいです。」とユジンさん。ご入居者は歓迎の意を大きな拍手で伝えます。
あらかじめ配っていただいたプログラムには、イタリア歌曲、日本の唱歌、讃美歌、オペラ曲、韓国の歌と、いろいろなジャンルの歌が全11曲も載っていて楽しみです。

最初の2曲は、イタリア歌曲を原語で歌ってくださいました。ユジンさんは、一曲一曲歌詞の内容を分かりやすく説明してくださるので、外国語の歌も情景を思い浮かべながら聴くことができます。またお話される時の優しい声と、伸びやかで迫力のある歌声のギャップも魅力です。
続いて日本の歌「浜辺の歌」「初恋」。ユジンさんと 声を合わせ、ご入居者も口ずさみます。


オペラ「運命の力」より今回披露してくださった「神よ、平和を与え給え」では、大教室いっぱいに高音が響き渡り圧巻。ユジンさんを見るご入居者の視線は真剣そのもの。体を起こし前のめりになっている方も多く、皆さん惹きこまれている様子が見てわかります。 「ユー・レイズ・ミーアップ」では、ユジンさんの澄んだ歌声に、気持ちよさそうに目をつむり聴いている方がたくさんいらっしゃいました。また時折、会場から「ブラボー」「素敵!」の声援が飛ぶ場面もありました。

最後はユジンさんの母国である韓国の歌「あなたを祝福する」。「皆さまに神の恵みがありますように気持ちを込めて歌います」とユジンさん。優しさが伝わりうれしくなります。
アンコールには「浜辺の歌」をもう一度歌ってくださいました。コンサートが終わるのを惜しむように大きな声で歌うご入居者。ユジンさんはそれに応えるように、ご入居者の間をまわりながら歌ってくださいました。
ユジンさん、ピアノ伴奏をしてくださった加賀さん。今日は素敵な時間をありがとうございました。またいらしていただける日を楽しみにしています。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2016年8月7日 チーバくんと一緒!

「楽しかった~」「かわいかったね~」。そう話しながら大教室を後にするご入居者。皆さんの手には、たった今インスタントカメラで撮ったチーバくんとのツーショット写真が握られています。
夏真っ盛りの今日、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」が、認定NPO法人浦安ダンスパークの皆さんと一緒に新浦安フォーラムにやって来てくれました。今日のイベントは浦安市民活動の「高齢者の皆さんを元気に!」というプロジェクトの第1回目。チーバくんと一緒に体操とゲームで盛り上がりました。


進行役のゆみさんとぐっちーさん、それにボランティアの中高校生5人が「こんにちは~」と元気なあいさつで登場し、楽しいことが始まる予感がします。続いて、真っ赤な体に愛くるしい顔の「チーバくん」が姿を見せると、ご入居者の顔が一気にほころびました。
今日の最初のプログラムは、「チーバくんの体で答えて!○○市はどこでしょうクイズ」。横から見た姿が千葉県の形をしているチーバくん。出題された市の場所をチーバ―くんの体にタッチして答えると言うルールですが、出題された「館山、勝浦、野田」の回答は中々出ず、チーバくんのあまりの可愛さに、抱きついたり握手をするご入居者が続出です。最終問題の浦安市はさすが地元と言うことで、会場から正解が出ました。

続いては、高齢者や障害をもつ方でも座ったままでできる「なのはな体操―高齢者向けバージョン」。ぐっちーさんの分かりやすいリードに学生さんのお手伝いも加わり、皆さん楽しそうに身体を動かしていらっしゃいました。

次のプログラムは「は・ひ・ふ・へ・ほで笑いましょう!」と言うゲームです。音楽に合わせボールを回し、音楽が止まった時にボールを持っていた方は、「は・ひ・ふ・へ・ほ」を使い大きな声で笑うというもの。ゆみさんの楽しいトークとともに、ゲームはスタートしました。チーバくんもボール回しのお手伝いで参加します。恥ずかしそうにしているご利用者も いらっしゃいましたが、スタッフも加わり楽しくゲームが進みました。
最後のプログラムは「にんにん体操」。足腰を鍛え若返りの効果が期待されるこの体操。早くもその効果があったのでしょうか。皆さん音楽に合わせ元気よく手足を動かします。
楽しい時間はアッと言う間。「また来てもいいかな?」「いいとも!」と最後まで元気よくご挨拶。チーバくんとの写真撮影をして今日のイベントが終わりました。
チーバくんとのツーショットの写真は、ダンスパークの皆さまからのプレゼント。楽しい記念になりました。
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2016年8月6日 「離れ家」 会席料理
 

雲ひとつない青空と元気な蝉の声に、夏本番を感じます。

「離れ家」では、ご入居者玉樹光彦さまのお誕生祝いが開かれました。
夏休み中の、お孫さまもかけつけご家族が大集合。とても賑やかに会がはじまりました。
今回のお祝御席に、食事サービス課が心を込めてご用意した料理は、夏の会席料理。前菜から始まり、吸物、造り、煮物、焼物…と最後のデザートまで、旬の食材をふんだんに使い、見た目にも涼しげに感じていただける献立は、皆さまに大変喜んでいただけたようです。ご家族に囲まれた玉樹さまは、とても幸せそうなご様子でした。 またご家族とご一緒に離れ家にいらしてください。

**************************************

8月6日会席料理お献立
前菜(烏賊うに和え・茗荷寿司・茄子田楽・沢蟹唐揚げ・茶豆塩茹で・夏鴨酒蒸し・無花果黄身あん)吸物(結び鱚葛打ち)造里(本鮪・車海老)焼物(和牛小串焼き・花酢蓮根・万願寺唐辛子・山葵・酢橘)煮物(うなぎ柳川)酢物(若布・繊切り野菜・生姜酢)食事(鮎釜炊き)留椀(蜆味味噌汁)香の物(三種盛り)デザート(夏の彩り フルーツゼリー)

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 8月3日の夕食

残暑が続き食欲も体力も落ちてしまいがちですね。夏バテを予防するために、今日の夕飯は栄養豊富な和食のメニューです。
主菜はかますの若狭焼き。酒と昆布の旨味を効かせ、しょう油の香りをだした出汁に漬けて焼きました。かますはたんぱく質、亜鉛、ビタミンDが豊富に含まれています。
副菜には、自家製の胡麻豆腐と、南瓜と小豆のいとこ煮、ぬか漬けを添えました。健康食品のごまをなめらかになるまですり、吉野葛で練り込んだ胡麻豆腐。やわらかな食感と冷たさが暑い季節にぴったりの一品です。
食事サービス課が大切に育てているぬか床で漬けたキュウリは、旬ならではのみずみずしさで脇役ながら食欲をそそる大事な役どころを果たしています。滋味深いメニューで元気に夏を過ごしていただければと思います。

**************************************

8月3日の夕食のメニュー
胡麻豆腐・南瓜いとこ煮・かます若狭焼き・きゅうりのぬか漬け・味噌汁・白飯

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年7月31日 弦楽アンサンブルコンサート

ようやく梅雨も明け本格的な夏がやってきました。

今日は「弦楽アンサブルコンサート」。ヴァイオリニストの島崎さま、チェリストの藤沢さま、ピアニストの佐野さまに素敵な演奏をご披露いただきました。

島崎さまのご家族のご縁で開催されているこのコンサートは、今日で3回目。今回、初参加してくださった「藤沢俊樹」さまは、有名な交響楽団を退団後、テレビ出演や映画音楽のスタジオ録音制作など幅広くご活躍され、現在もフリーの奏者として各地で演奏活動をされているチェリストです。

最初の曲は穏やかでロマンチックなメロディの「カバチナ」。ご入居者の中には曲に合わせ気持ちよさそうに指揮をとられている方もいらっしゃいました。

2曲目は「ドゥムキー」。島崎さまより「次の曲は六楽章と長いですが、リラックスして聴いてください」とお話しがあり演奏が始まりました。この曲は、喜びと悲しみを表現した美しい旋律が次々と繰り広げられ、ヴァイオリンの弦を指ではじく「ピチカート奏法」も交え演奏されました。 続いて、ヴァイオリンとチェロのソロ演奏。最後の曲「ロンドンデリー」は、「ダニー・ボーイ」として知られているアイルランド民謡で、ゆったりと美しい音色が世界中の人々に愛されている有名な曲です。


演奏が終わると「アンコール、アンコール」の声と鳴りやまない拍手が会場に響きます。その歓声に応え、マスカーニ歌劇の間奏曲「カバレリア、ルスティカーナ」を皆さんで演奏してくださいました。
心に響く素敵な演奏をありがとうございました。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年7月24日 三味線コンサート


新浦安フォーラムでは、ヴァイオリン、バリトン、ハワイアンなど多彩なアーティストが訪れ、その腕前を披露してくださいます。今回は、ご入居者の井森さまのご長男とお仲間の皆さんが、三味線コンサートを届けてくださいました。普段邦楽にあまり馴染みのない方々でも、夏とあれば三味線、民謡の拍子に季節を感じていただだけたようです。

コンサートの最初の曲は、井森さまの「津軽じょんがら節」の独奏。迫力ある音色が会場いっぱいに響き渡ります。 三味線の伴奏で、お仲間の皆さんが民謡「外山節」「虎女さま」「津軽あいや節」を歌ってくださいました。 豪快な津軽民謡が、ご入居者を魅了します。

後半はご入居者の出番。尺八伴奏者の佐久間さまから「珍しいと思いますが、尺八の伴奏に合わせ、皆さん一緒に歌ってください」と説明があり、スタッフがご入居者へ歌詞カードを配ります。 曲は季節にぴったりの「海」「われは海の子」「茶摘」の全3曲。ご入居者は手拍子で調子を取ったり、歌詞カードを ご覧になりながら元気いっぱいに歌われたり、ご満足の様子でした。
最後は、井森さまの三味線の伴奏と共に、民謡「津軽よされ節(旧節)」を歌ってくださいました。

コンサートが終り感謝の気持ちを込めた花束を、ご入居者の井森さまからお渡ししました。
井森さま、お仲間の皆さま素敵な演奏と歌声をありがとうございました。次回も楽しみにしています。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2016年7月20日 絵画教室

大きな窓から光が差し込む昼下がりのカフェテラスに静かな時間が流れています。
月に一度の絵画教室は、新浦安フォーラムオープン直後から続くアクティビティ。カフェテラスの壁面に掛かるひまわり畑の大作の作者である浦安の女流画家、田中曽女先生にご指導をいただいています。

本日の画題は、夏の静物。スイカ、オレンジ、トマト、トウモロコシなどの旬の食材を水彩で写生していきます。
「みずみずしさを描くには、もっと筆に水を含ませて、塗りのムラで水分を描いてみましょう」「ひとつの色だけでなく、濃淡を重ねると立体感が出ますね」、先生の本格的な指導を受けながら、約1時間で1枚の作品を描きあげます。 主題の野菜や果物を描き終わったら、背景や影をつけ、それぞれの作品に画家の名前を添えて完成です。

この日は特別に画題のスイカを切り分けておやつに。「実際の味ほどは、みずみずしく描けません!」とひと笑い。一時間の集中がほどけたやわらかな表情で、作品を見せ合うご入居者でした。

作品は、この秋の作品展で展示されます。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 7月20日朝食
今日の朝食は、新浦安フォーラムの定番メニューが並んでいます。
レーズンパンと一緒にご用意したのは、ソーセージ・マッシュポテト・野菜のソテーと、ボリュームのある副菜です。スープは食物繊維が豊富な根菜をたっぷり入れました。身体の冷えは免疫力を落とすと言われていますので、 冷房で冷えがちな身体を温めていただき、今日も一日 お元気でお過ごしいただきたいと思います。
**************************************

7月20日の朝食のメニュー
ほうれん草ソテー・マッシュポテト・ボイルソーセージ・根菜スープ・レーズンパン・牛乳

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 7月7日 七夕特別料理

晴天に恵まれた今年の七夕。天空で織姫と彦星が一年ぶりの再会を果たしている頃、新浦安フォーラムの食卓には、夜空に輝く星座のように、旬の食材をちりばめた特別料理が並びました。
メインは鰻の笹巻きずし。肉厚の鰻を柔らかく焼きあげています。お椀には、天の川をイメージした素麺を、エビや色鮮やかな野菜で飾りつけました。旬の夏野菜3品と小鮎は天麩羅に。皮や骨も丸ごといただける小鮎は、独特のほろ苦さと旨味が 特徴です。イクラをふんだんに使った餡で召し上がっていただいたのは、枝豆で作った自家製の豆腐。爽やかな風味が夏らしい一品です。
見た目にも楽しい今日の夕食に、ご入居者の笑顔もキラキラ瞬く星のようでした。

**************************************

7月7日七夕うなぎ御膳食のメニュー
自家製緑豆腐・小鮎と夏野菜の天麩羅・鰻笹まき寿し・天の川素麺・季節の果物

舞浜倶楽部ページトップ
会社案内リクルートお問い合わせサイトマップ
MAIHAMA CLUB CO., LTD. All rights reserved. 
 
介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部
本社/ 〒279-0023 千葉県浦安市高洲1-2-1 TEL.047-304-2400 FAX.047-352-7302