介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部

 

文字サイズ会社案内リクルートお問い合わせ窓口サイトマップ
文字を拡大 文字普通
舞浜日記> 新浦安
舞浜日記 舞浜倶楽部のケア事例
介護の悩みを共有します
舞浜倶楽部新浦安フォーラムの入居者・スタッフにまつわる行事や出来事をご紹介します。
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年12月22日 クリスマス会

新浦安フォーラムの一年を締めくくる行事「クリスマス会」。大教室の飾り付けと職員のサンタ衣装も華やかに、クリスマスムード満点で盛り上がりました。

練習の成果「ブンネ演奏」

オープニングはご入居者によるブンネ演奏。この日のために2ケ月前から練習を重ねてきました。
最初の曲は「聖者の行進」です。会場には、タンバリン・マラカス・スズなどが用意され、普段ブンネに参加されないご入居者にも、楽しく積極的に参加していただきました。


続いての曲は恒例の「ホワイトクリスマス」。難しい曲ですが、今年入社の新人が、指揮と伴奏のピアノに、チャレンジしました。
指揮の緊張がご入居者にも伝わったのでしょうか?皆さん、あたたかい眼差しで見守るように演奏してくださり、大成功となりました。

スペシャルな「おやつ」

ブンネ演奏の後は、歓談タイムです。代表取締役社長のグスタフと、スウェーデンから日本を訪れたグスタフの甥っ子がサンタクロースに変身。コーヒー、紅茶で乾杯の音頭をとり、各テーブルをまわりました。
この日のおやつは、ご入居者からリクエストのあった「ショートケーキ」。市内で有名なケーキ屋さんからのお取り寄せとあって、「大きすぎるわ…」と話されていた方も、「美味しい!」とあっという間に召し上がりました。

声楽のクリスマスコンサート♪

声楽家のリ・ユジンさまとピアニストの加賀都喜乃さまが、クリスマスのミニコンサートを開催してくださいました。
「ひいらぎかざろう」「クリスマスの子守歌」「さやかに星はひらめき」など全6曲、透き通るような高音に惹きこまれます。ご入居者は静かに体を揺らしたり、目を閉じられたりと各々クリスマスの思い出に入りこまれているご様子。「ジングルベル」と「きよしこのよる」は会場全体で合唱しました。
コンサートは、ご入居者への素敵なクリスマスプレゼントとなったようです。
最後に、グスタフが「メリークリスマス!」と挨拶しクリスマス会は終了となりました。
実行委員より
今年も新浦安フォーラム最後の行事が終了しました。今年のクリスマス会は、昨年と趣向をかえて「歓談タイム」やゲストのクリスマスコンサートを行いました。
恒例のブンネ演奏は、約2ケ月前より練習をしていただき、新人の職員の指揮・伴奏で楽しく演奏していただいたようです。
皆さん、今年もありがとうございました!
来年も、ご入居者と盛り上がれるような行事を企画してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします!

スペシャルクリスマスランチ!

翌日の23日は、クリスマスランチをご提供させていただきました。
クリスマスカラーのサラダに、柔らかいタンシチュー。ご入居者に人気のオープンサンドと、大変喜んでいただけたようです。
クリスマスランチ Menu
  北欧風のサラダ
  タンシチュー
  オープンサンド
  デザート
     
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年12月12日 「離れ家」お食事会

12月とは思えないほど暖かくとても良い天気。ご入居者の早川さまが、ご家族の皆さまと一緒に離れ家でお食事会を開かれました。
はじめに、「本日は来てくれてありがとう」と早川さまからのご挨拶。その後、久しぶりの再会を祝して乾杯し記念撮影。皆さま、近況や思い出を語り合い離れ家はとてもにぎやかになります。皆さまの笑顔で早川さまもニコニコがとまりません。

楽しいひと時に統括料理長と食事サービス課がご提供する料理は、旬の食材をふんだんに使った冬の会席。 贅をこらした和食を、ご家族全員と一緒に楽しめることがとても嬉しそうなご様子でした。 「今日はみんなにあえて本当に嬉しかったわ」と早川さま。またご家族といっしょに離れ家にいらしてください。


前菜は鮟肝柚子香り蒸し・芹胡麻浸し・鋳込み万願寺など

吸物はすっぽん仕立て

造りはかまくらの中にのどぐろを添えて

煮物は京芋揚げ出しとフカヒレの上海蟹あんかけ

焼き物には伊勢海老うに焼きと甘鯛若狭焼きを

酢の物は河豚白子焼き

食事はすっぽん雑炊か青森産青天の霹靂釜炊きを選べます

デザートはデコポンに旬のフルーツを添えて
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年12月8日 ノーベル晩餐会
6回目を数えるノーベル晩餐会。ノーベル賞授賞式後に行われる晩餐会を舞浜倶楽部で再現しています。
今年は駐日スウェーデン大使のマグヌス・ローバックさま、浦安市長の松崎秀樹さまお2人のスペシャルゲストをお招きし、ランチタイムに開催。1901年のメニューを食事サービス課がアレンジしました。

「ノーベル晩餐会」スペシャルゲスト

オープニングは、代表取締役社長グスタフが、祖母の形見である100年以上前のマッチボックスからマッチを取り出し火をともして開会を宣言。続いて、駐日スウェーデン大使、マグヌス・ローバックさまよりご挨拶をいただきました。今年もノーベル賞に2人の日本人が選ばれたことにふれられ、大村智氏と梶田隆章氏に過去の受賞者も交えて、会われた際のエピソードを披露。「日本とスウェーデンの良好な関係を守っていきましょう」と締めくくられました。
次に、浦安市長の松崎秀樹さまが、ご自身の名前は1949年にノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士が由来であり、ノーベル賞が身近であることを話されました。
グラスにシャンパンやジュースが注がれると、代表取締役会長の六井が「皆さまと元気にノーベル晩餐会の席を共にすることができうれしいです」と挨拶し、声を合わせ、スウェーデン語「スコール!」で乾杯しました。

「ノーベル晩餐会」のメニュー

今年のメニューは、1901年のもの。統括料理長がアレンジし、食事サービス課の職員とともに再現しました。
色鮮やかな前菜、贅沢を極めた主菜、和を盛り込んだデザートと、ご入居者に大変喜んでいただきました。また、ケアの職員も給仕を務め、さりげなくお食事をサポート。華やかながら、和やかな雰囲気でお食事が進んでいきました。
ノーベル晩餐会 Menu
前菜   ニシンとサーモンのマリネ
     アボガドサラダ・北欧エビ・
     じゃが芋添え
主菜   牛フィレ肉の皇帝風
     季節野菜の付け合せ
     ライ麦パン
     リンゴンベリージャム
デザート 抹茶ばばろあ
      コーヒー・紅茶・焙じ茶

「ノーベル晩餐会」北欧コンサート

今回のミニコンサートは2年前にもお越しいただいた、ハルダンゲルバイオリン奏者の山瀬理桜さま、ピアニストの中村真理さまの演奏です。ハルダンゲルバイオリンは真珠母貝や象嵌細工の花模様の装飾が美しい北欧の民族楽器。やわらかで優しく、どこか懐かしい音色がします。「ノルウェーダンス」「カナリア」「アメイジング・グレイス」「サンタルチア」「ジングルベル」など、北欧の音楽やクリスマスメドレーの演奏に、会場は贅沢な雰囲気に満たされました。途中、グスタフが鈴、ご入居者は手拍子で参加し大変盛り上がりました。

「ノーベル賞」メダル

最後は施設長の勢司が「今後もこの行事を大切にしてまいります」と、挨拶させていただきました。
グスタフからは、メダルの金貨チョコレートをお一人おひとりに手渡し、お見送りをしました。ご入居者からは、「おいしかったです」「素敵な雰囲気だった」「すばらしい演奏でした」とお言葉をいただきました。また、来年の晩餐会も楽しみにしていてくださいね!
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年11月18日~11月24日 作品展示会


今年も作品展示会を行いました。 展示品の種類は様々で、アクティビティでつくった作品やご入居者が趣味で作成された作品が並びました。絵葉書や書を始め、陶芸や裁縫、彫刻作品もあり、ご入居者の多才さが表れた展示会となりました。 また、今回は9月の敬老会の劇で使用した小道具や台本も展示しました。
ご入居者にお選びいただいたアクティビティの作品からは、1年を通じた生活のご様子が伝わってきます。また、劇の小道具たちは、職員の工夫と苦労を物語っていました。
来年の作品展示会も、楽しみになさってください。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年11月16日 防災訓練

新浦安フォーラムでは、年に4回防災訓練を行います。 今回は、浦安市消防本部職員立ち会いのもと、大地震による1階での火災発生と津波を想定した訓練を行いました。
職員はヘルメットを被り初期消火を行った後、本部の放送の指示に従ってご入居者・ご利用者の避難誘導を行います。 避難誘導には、厨房を含め全課の職員が加わり、階段を使って2階の大教室に避難します。 避難が完了したのは、開始から22分後でした。 浦安市消防本部職員の方より、「安全にそして早く避難することが大切です。万が一火災が起きても、職員の方と協力して避難をお願いします」 と総評をいただきました。
避難訓練後、職員と希望されたご入居者・ご利用者は、消火器を使っての消火訓練とけむり体験を行いました。 けむり体験では、職員と手をつないでけむりが充満したテントをくぐりました。 「すごいけむりだったね」とご入居者。視界が全くきかない中で、安全に歩行する難しさを体験することができました。
これからも訓練を重ね、もしもの事態に備えてまいります。


消火器による消火訓練

職員と一緒にけむり体験
 
舞浜倶楽部 「11月の看護課便り」


ノロウィルスについて
朝夕冷え込む季節になりました。
今回の看護課便りのテーマは冬場を中心に秋から春にかけて多く流行する「ノロウィルス」と予防について、富士見サンヴァーロ看護課の齊藤がレポートします。
ノロウィルスは急激な嘔吐、下痢などの症状が続くため、体力も奪われます。また、感染力が強く集団発生を起こしやすいため、注意が必要。ほとんどが人の手や飛沫などによる経口感染です。高齢者は、脱水症状を起こさないように、こまめな水分補給が大事です。
予防は舞浜倶楽部内にウィルスを持ち込まないために、職員はもちろん、ご家族や外部から来られる方に手洗い・うがい・消毒の徹底を協力いただいています。

ノロウィルスの対策
舞浜倶楽部では、ご入居者の感染リスクを減らすため、感染対策委員会が立ち上げられています。「ノロウィルス発生時の対策マニュアル」も細かく決められ、看護課だけではなく介護職員も入社時、また定期的に処理の手順を練習します。
また、感染症全般を予防するために、感染対策委員は月に1回、各フロアをまわり、石けんの状態、食器洗浄のスポンジや冷蔵庫の中などもチェックしています。

私は舞浜倶楽部に務めて3年目。以前は病院勤務と訪問看護をしていましたが、こちらではずっとご入居者とかかわることができ、人生の勉強をさせていただいています。 これからもご入居者と、毎日楽しく家族のように一緒に生活していきたいです。
これからの冬を安心・快適に過ごしていただくために、予防に力を入れてまいります!

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年10月19日 甘味メニュー

10月より「離れ家」の甘味処メニューが増えました。
9月にこちらで紹介したのは、新たに増えた「プリンアラモード」「抹茶パフェ」などスイーツ4品。今回も追加されたメニュー、甘味4品をお披露目します。
全部で8品から16品の倍に増えたメニュー。何を召し上がるか、楽しく迷ってくださいね。季節によっても添えてあるフルーツなどが、変わります。ぜひ、月に1度の甘味処を楽しみにしていただけたらと思います!


ごまの風味がきいている峰岡豆腐

「天突き」で押し出しす玉子入りの心太

濃厚な抹茶を使った抹茶ばばろあ

季節により表情がかわる軽羹
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年10月12日 「離れ家」秋の会席

季節の食材をふんだんに取り入れている「離れ家」の会席と松花堂弁当。10月12日にご提供した「秋の会席」をご紹介します。
秋の味覚といえば「松茸」。薫り高い松茸を贅沢に使いました。また、もみじやすすき、稲穂をあしらい、外出の機会が少ないご入居者に目でも楽しんでいただけたようです。
「離れ家」で、季節を感じるひとときをお過ごしください。


前菜は柿白和えや穴子寿し、胡桃豆腐など

松茸・鯒・車海老の土瓶蒸し

特選和牛松茸小鍋仕立て

見た目も楽しい甘鯛雲丹焼き

食感がよい北寄貝炙り

甘さ控えめの抹茶ばばろあ
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年10月10日 運営懇談会


今回も、お忙しい中ご入居者とご家族にお集まりいただき第26回運営懇談会を開催しました。初めに施設長の勢司から、先月の家族会でいただいたご意見をもとに作成した「マスコミ取材に対する舞浜倶楽部ガイドライン」についてと、「離れ家」の年末年始のご利用時間についてご説明いたしました。
事務管理課からは、食事の収支等のご報告や、消防自主点検と法定点検、清掃の予定日などをお伝えし、皆さまへご協力をお願いしました。ケアサービス課は、今後の行事予定についてご案内。作品展示やノーベル晩餐会、冬至のゆず湯や新年祝賀会を行う予定です。看護課からは、健康診断とインフルエンザの予防接種についてご説明しました。最後に食事サービス課から、年末年始の行事メニューについて。年末はノーベル晩餐会とクリスマス、年始の三が日には例年通りお祝い膳をご用意いたします。
寒さが増して、体調を崩しやすくなる季節です。うがい手洗いをはじめ、感染症予防を徹底すると共に、ご入居者の健康状態をしっかりと見守ってまいります。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年10月4日 運動会

すっきり晴れた高い空と爽やかな涼風。運動会日和のこの日、大教室にて恒例の運動会を行いました。白熱した戦いに会場は大いに盛り上がり、共にスポーツの秋を楽しみました。

開会式と選手宣誓!

はじめに施設長 勢司より、「怪我なく、明るく、元気よく運動会を楽しみましょう」と挨拶させていただきました。その後、ご入居者代表に「選手一同楽しく一生懸命競技に参加することを誓います」と選手宣誓をしていただきました。

競技スタート!


競技の前に、怪我をしないようにまずは準備体操!職員がお手本となり、ラジオ体操第一で体をほぐしていただきます。皆さま真剣に体操を行い体を温め終わると、拍手が鳴り響きました。
体が温まった後は、早速1種目目!「ウルトラクイズ」です。2択で出される質問に1、2と書かれた紙で回答していただきます。


「頭かくして何隠さず?」「グスタフ社長の出身国は?」「火曜と金曜に行われている音楽の時間は?」などのことわざクイズや、舞浜倶楽部クイズが2択となって出題。お友達同士相談されている方や「これは簡単!」と、笑顔で回答されていました。
2種目目は「借り物競争」です。ご入居者の皆さまに借り物となるアイテムを持っていただき、職員が二人一組になって探し出します。スカートやエプロン、仮面やカチューシャと様々なアイテムを探し出してはそれを装着。笑顔溢れる借り物競争となりました。3、4種目目は、昨年も大変盛り上がった「玉運び」と「玉入れ」です。紅組も白組も皆さん力をあわせ、接戦をくりひろげました。

職員がお手本となりラジオ体操スタート

皆さま一緒に体操します

借り物競争のアイテムを装着して職員を待ちます

借り物競争では相手チームに妨害が入る場面も!

白熱した戦いをみせた玉運び!

接戦を繰り広げた玉入れ競争!

メインの応援合戦!

最後は応援合戦です。先攻は白組から!ご入居者にポンポンと楽器を持っていただき盛り上げていただきます。はじめに迫力のある三三七拍子とエールで会場を盛り上げます。応援歌のブンネ演奏では、「銀座カンカン娘」を披露。団長の指揮のもと皆さま一生懸命演奏されていました。
続いて、後攻の紅組の応援です。同じく三三七拍子とエールを行うと紅組ご入居者から歓声がわきます。応援歌の「東京ラプソディー」では、ブンネ演奏に合わせて歌声も溢れ会場は活気に満ち溢れました。

気になる結果は…?

全ての競技が終わると結果発表です! 
審査委員長の勢司から「両者優勝!甲乙つけがたい結果でした」と結果が発表されると皆さま満足そうな表情を浮かべていました。
発表後は表彰状授与です。各ユニットの代表の方に表彰状をお渡ししました。
今年の運動会も、怪我なく楽しい時間を過ごすことができて職員一同嬉しく思います。

実行委員より
約2ヶ月前から、種目を考えました。去年人気があった「玉運び」「玉入れ」を残しつつ、ご入居者の方が簡単に出来て、且つ楽しめるものを考えました。皆さん笑顔で楽しんでいるご様子でしたので私たちも大変嬉しく思っています。ご参加いただきありがとうございました!
舞浜倶楽部ページトップ
会社案内リクルートお問い合わせサイトマップ
MAIHAMA CLUB CO., LTD. All rights reserved. 
 
介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部
本社/ 〒279-0023 千葉県浦安市高洲1-2-1 TEL.047-304-2400 FAX.047-352-7302