介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部

 

文字サイズ会社案内リクルートお問い合わせ窓口サイトマップ
文字を拡大 文字普通
舞浜日記> 新浦安
舞浜日記 舞浜倶楽部のケア事例
介護の悩みを共有します
舞浜倶楽部新浦安フォーラムの入居者・スタッフにまつわる行事や出来事をご紹介します。
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年6月24日 「離れ家」会席料理

「離れ家」ではご入居者のお好みに合わせ、松花堂弁当や会席をご提供しています。季節に合わせた旬の食材を使用しているので、利用された方から「季節ごとに利用したい」とうれしい感想もいただいております。
今回は、6月24日にお出しした会席をご紹介いたします。


先付はかます小袖寿司・生雲丹スープ蒸しなど

新蓴菜も入った浅利真丈

関鯵・鮪・丸烏賊の造り

合鴨治部煮・大根スープ煮

焼物はあいなめ黄身醤油焼き・稚鮎唐揚げなど

季節の果物は宮崎産マンゴーとさくらんぼ
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年6月22日 夜間防災訓練


夜間防災訓練を行いました。 夜間に発生した災害を想定し、昼間と比べ少ない職員で、まずはどのような初動をとるかを確認。 普段なかなか意識しない消火器の位置、消火散水栓の位置を再確認し、さらに実際に取り出して手順をおさらいしました。最後には、階段を使用して、ご入居者をソリに乗せて避難する訓練を行いました。

参加した職員からは、「火災受信盤や消火散水栓の使用方法がわかった。回数を増やして確認していきたい」というという声があがり、目にしたり聞いたことはある消火器の使い方や、火災報知器が発報したらどのような働きをしてくれるのか再確認することができ、大変有意義でした。

これからも自主訓練として、頻度を増やし取り組んでいきたいと思います。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年6月20日 夏至祭

夏至祭は、北欧では最も大切なイベントのひとつです。 スウェーデン人である代表取締役のグスタフと共に、 新浦安フォーラムでは毎年お祝いしています。

今年は夏のような強い日差しをさけて、 ラウンジとカフェテリアでの開催となりました。 会場には、華やかに飾られた夏至祭のシンボル「メイポール」が。 今年は、カフェテリアとラウンジに1本ずつ、2本用意しました。 ご入居者が1枚ずつ色とりどりの花を差して行きます。 メイポールの前で職員と共に記念撮影もしっかりとパシャリ。皆さん、これから始まるお祭りにわくわく、いい笑顔です。

ご入居者はそれぞれ好みの席につかれ、冷たいお飲み物を手に談笑されつつ、開会を待ちます。

大盛り上がりのブンネ演奏

開会の挨拶、次いでグスタフの挨拶があり、夏至祭が始まると早速ブンネ演奏の発表です。

夏至祭恒例のブンネ演奏。今年は「オクラホマミキサー」「チキチキバンバン」「コロブチカ」の3曲と、アンコールの1曲も演奏しました。 息の合った演奏に、会場は大盛り上がり。北欧風の衣装に身を包んだ職員の指揮に合わせ、見事なハーモニーが奏でられました。 音楽に合わせ、職員と共に踊る方もいらっしゃれば、タンバリンを手に共にリズムをとられる方も。 素晴らしい演奏にご家族も感激されていました。

グスタフの弾き語り


ご入居者のブンネ演奏のお返しに、グスタフが歌を披露します。ブンネギターを手に取り 「今日は、感謝の気持ちをこめて僕が一曲歌います」と挨拶。

力強い歌声で、私たちにスウェーデンの歌を聞かせてくれました。 曲目は「Nu grönskar det(ヌ・グロランスケダー)」。「世界が咲いている」という内容だそうです。 「祭りは僕らが主役。楽しみましょう」とグスタフ。

最後は恒例の

今年のカエルダンスは、グスタフの友人でスウェーデン人で浦安市民のロバートさんが、娘さんとともに駆けつけてくれました。 ふたりの大きなカエルと、ひとりの小さなカエルに会場からは大きな拍手が。 ぴょんぴょんと、会場を回りました。

そしてここで、これまた恒例のおやつタイム。 今年もソフトクリームをご用意しました。 このソフトクリームは、事前に企画をたてた職員が機械を借りてきて準備したものです。 1つ1つ、くるくると盛りつけていきます。

最後は施設長の勢司より 「今年の夏も皆さん元気に過ごして参りましょう」と締めの挨拶。 夏の始まりにふさわしい1日になりました。


この日のために用意した機械です!

メイポールに飾りつけ

今日はみんなが主役のお祭りです

楽しい司会をありがとうございました♪
舞浜倶楽部 「6月の看護課便り」


室温について
関東も梅雨入りし、数日が経ちました。 今年の梅雨は雨が少ない分、じめじめとした湿気をより感じますね。 今回の看護課便りは、太田由美が担当します。

朝晩が涼しく昼間には暑くなるこの時期は、夏以上に室温に気をつけています。 ご入居者の中には、クーラーを好まれない方もいます。 しかし、この時期はもう窓の開け放しだけでは日中に室温が上がってしまうため、非常に危険です。 「窓を開けているから大丈夫」とクーラーをつけずにいると、いつの間にか室温がぐんぐんと上がり、 午後には室内がとても暑くなってしまうのです。


脱水症への対策
脱水症は夏になるものと思いがちですが、暑さが厳しくなり始めるこの時期から、十分な注意が必要です。

ご入居者の1日の水分量は必ずこまめに確認するようにしています。本来、人は1日に1000mℓ~1500mℓの水分をとらなければなりませんが、ご高齢の方にとってはそれがなかなか難しいのです。 そのため看護課では、常にご入居者が水分をとっているか、どれくらいとれているのかを気にかけています。

また、ケアサービス課と協力して、ご入居者のお部屋の窓、カーテンの開閉や、クーラーが稼動しているかなど、室温をチェックすると共に体に直接風が当たっていないかも気をつけています。

高齢者は脱水症になりやすく、重症化しやすいため、日頃から注意が必要です。 ご入居者が毎日元気に過ごせるよう、常にきめ細やかな心配りを意識しています。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年6月8日 コーラスの会

今回は新浦安フォーラムのある日の風景を紹介します。

舞浜倶楽部では、ご入居者がお好みにあわせ、自由に参加できるさまざまなアクティビティをご用意しています。 「コーラスの会」は、中でも人気のプログラムで、たくさんのご入居者が月二回の開催日を楽しみにしてくださっています。 今回も、30人以上のご入居者が参加されました。

まずは発声練習。 職員が「はははっははー」というのに合わせ、ご入居者も続きます。 これがなかなか難しく、促音と伸ばし音をしっかりと合わせて、なめらかな声だしを心がけます。

コーラスの会では、毎月1曲、曲を決めて練習しており、 今月は「牧場の朝」です。 情景を思い浮かべながら、職員の指揮とピアノ伴奏とともに、みなさんの声を合わせ、美しいハーモニーに仕上げて行きます。

   
歌うことは気分転換にもなりますし、しっかりと声を出していただくことで、呼吸、発声、嚥下機能の維持にも役立ちます。これからも季節の歌と共に楽しんでいただければ と思います。

新浦安フォーラムの、ある日の午後の風景でした。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 5月18日のお食事

5月18日の昼食にお出ししたメニュー「冷やし稲庭」です。 旬のお野菜・山東菜の煮浸し、ちくわの磯辺揚げ、薬味5種と共にお出ししました。冷やしうどんは度々お出ししますが、薬味は、季節によって変えています。

稲庭うどんに冷えたおつゆをかけ、焼きのりを添えて召し上がっていただきます。 だしの冷たさやのりのパリパリ感を楽しんでいただくため、 ご入居者にお出しする直前にうどんにおつゆをかけ、のりを乗せます。今回のおつゆは、にぼしで出汁をとりました。

暑い季節の冷えたうどんはご入居者の人気メニュー。近づく夏を感じていただきました。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年5月17日 「離れ家」甘味処オープン

五月の青空に初夏の太陽が輝いています。今日は、「離れ家」が甘味処としてはじめてオープンする日。食事サービス課も、朝から気合が入っています。オープンと同時に、ご入居者同士やご家族、職員と一緒に、皆さまウキウキしながらご来店です。
甘味処のためにそろえた作務衣風のユニフォームに着替えた職員がお出迎えし、"お出かけ気分"を演出しました。
「お庭がとてもきれいね」、「お水がでているわ」と庭のつくばいに流れる水をながめながら店内へ。メニューには、あんみつやパフェ、かき氷など涼しさを感じさせる甘味をご用意しました。

職員の「お待たせしました」の声ともにそれぞれ注文した甘味が登場。「盛り付けがきれいね~」「おいしそう」とうれしいお言葉が飛び交います。甘味とともに記念撮影をする方や、会話を弾ませながら召し上がっている方などそれぞれに楽しまれているご様子でした。中には、ご家族でそれぞれ違うものを頼まれ、食べ比べている方も。
途中、料理長がごあいさつに回ると、ご入居者は、ニコニコ顔で感想を話されていました。

今回は、ご入居者とご家族合わせて20名の方にお越しいただき大盛況に終わりました。 次回は6月21日(日)を予定しております。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年5月10日 6周年祭

紅白幕で彩られた大教室。今年、舞浜倶楽部新浦安フォーラムは開設6周年を迎えました。 6周年祭のプログラムは、「新入社員のあいさつ・永年勤続者表彰」・「三味線ミニコンサート」・「職員たちによる大喜利」と前回よりもボリュームアップした内容。 三味線の美しい音色に聴き入り、大喜利でたくさんの笑顔があふれる楽しいお祝いの席となりました。

職員からごあいさつ

まずは、4人の新入社員紹介です。1人ずつ、緊張しつつも元気に自己紹介ができました。続いて、永年勤続者の表彰。常務執行役員の佐藤より、表彰と金一封が手渡されました。表彰された勤続10年のケアサービス課 武田は、「さまざまな人に出会え、学ぶことも多く毎日がとても充実しています。みなさまが、いつまでもお元気で長生きしていただけるようにサポートしてまいります。」と感謝の言葉を述べました。

三味線の美しい音色


今年は、ご入居者のご家族がお仲間と一緒に来てくださり、三味線ミニコンサートを開催。全9曲、民謡も歌っていただき会場を盛り上げていただきました。 ご入居者からは、「すごいね~」の声。手拍子をしたり、体を揺らしリズムをとりながら心地よい音色と歌声に聴き入っていました。

帰ってきた「舞浜笑点」!!

昨年好評だった、「舞浜笑点」が帰ってきました!
4人の職員が、さまざまなお題で大喜利をしていきます。会場は、笑いと拍手で大盛り上がりでした。 座布団運びを担当した中島から、「これからも、ご入居者へ幸せを運び続けます。」との言葉で「舞浜笑点」は終了しました。

あっという間に終了のお時間

最後に施設長の勢司から、「周年祭は、ご入居者と職員全員で作り上げていくものです。これからも、7周年、8周年とみなさまと共にお祝いができればと思っております。」と今後の抱負をお伝えし周年祭を終えました。
来年の7周年祭も、みなさま一緒に楽しくすごしましょう。

お祝いにはにぎり寿司♪


通常食

夕食はお祝いにぴったりの、にぎり寿司。ご入居者に合わせて、通常食・軟菜食・ミキサー食をご用意しおいしい食事を楽しんでいただけました。
お品書き

にぎり寿司(たい・かんぱち・まぐろ・サーモン・海老・いくら・たまご)・ てんぷら・ジュンサイの酢の物・茶碗蒸し・お吸い物・メロン

軟菜食

ミキサー食
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2015年5月4日 「離れ家」百歳お祝い御席

今年の秋に100歳を迎えられる宮地さま。ご家族、ご親戚の方が揃われるゴールデンウィークに、オープンしたばかりの「離れ家」でお祝いの御席を設けられました。
お集まりになったご家族、ご親戚はお子さまも含め、総勢15名。新浦安フォーラムの中庭に完成した離れ家は、お祝いムード満点で一気に華やかになりました。

最初にご家族が用意された大きなケーキを前に、皆さまで記念撮影。「おばあちゃま、おめでとう!まだまだ元気でいてね」と口々に宮地さまへお祝いの言葉がかけられました。
今回、統括料理長をはじめ食事サービス課が心を込めてご用意した料理は、季節の会席料理。旬菜から始まり、吸物、造り、煮物、焼物…と最後の水菓子まで、旬の食材をふんだんに使い、見た目にも楽しんでいただける献立は、皆さまに喜んでいただけたようです。皆さまに囲まれた宮地さまは、とても幸せそうなご様子でした。
宮地さまは、付き添った看護師や料理を運ぶ職員のことも終始気にかけてくださり、いつもながらのやさしい心遣いにあらためて感動です。
宮地さま、これからもお元気で笑顔をたくさん見せてくださいね。


ご家族が用意した大きなケーキ

旬菜を召し上がる宮地さま

笑顔に囲まれて♪

生雲丹スープ蒸し

賀茂茄子オランダ煮

可愛いおててとハイタッチ!
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年4月26日 うらやすジュニアオーケストラ


うららかな陽気のなか、うらやすジュニアオーケストラ・弦楽合奏によるスプリングコンサートが新浦安フォーラムにて開かれました。

ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉のコンサートマスター本庄篤子さんの指揮に合わせ、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの12名が音楽を奏でます。 ジュニアといえど、プロと共演することもあるという皆さんの演奏は迫力たっぷり。 ご入居者もすぐに弦楽器の世界に惹きこまれました。 また、当日はジュニアオーケストラの保護者や関係者の方も多く演奏を見に来られ、会場はいつにも増した盛況ぶり。

曲目は、どれも明るく春を思わせるものばかり。ハイドンの弦楽四重奏「ひばり」では、ひばりが当日の青空を空高く飛んでいるのをイメージさせる曲調に会場全体が聴き入りました。 「春が来た」「さくらさくら」、アンコールの「花は咲く」ではご入居者が演奏と共に口ずさまれ、大変楽しまれたご様子でした。 うらやすジュニアオーケストラの皆さん、素敵な演奏をありがとうございました。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年4月20日 防災訓練


午後2時、「これは訓練です。」の合図で防災訓練が始まります。今回は、2階ユニットの台所から出火したことを想定した避難訓練をおこないました。訓練開始の放送のあと、火災のベルが鳴り消防班が出火元の確認へ向かいます。出火を確認後、避難開始。ご入居者・ご利用者を、エレベーターや非常階段を使用して1階のラウンジへ避難誘導します。職員がみなさまの手をとり、安全に避難することができました。その後、消防班から鎮火の報告を受け、避難訓練終了。
今回は、多くのご入居者・ご利用者に参加していただくために エレベーターを使用しましたが、みなさまのご意見を伺いながら、 より実践的な避難訓練を行っていきたいと思っております。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年4月16日 日常のリビング

普段、ご入居者はどのように過ごされているのでしょうか?今回、「かわ・汐」ユニットのリビングの風景を撮影してみました。
時間は3時半。ちょうどティータイムとあって、居室からリビングへ出てこられる方が多くいらっしゃいます。
皆さまテレビを見たり、新聞を読んだり、果物を召し上がったりと、思い思いの過ごし方。日によっては、居室まで職員がお好きな飲み物をお持ちすることもありますが、この日は天気もよくリビングは日差しでいっぱいなので、いつもより多くのご入居者がくつろがれています。コーヒー・紅茶・日本茶・ヤクルトなどを召し上がりながら、おしゃべりに花を咲かせていらっしゃいました。
おだやかな午後のひとこまでした。


テレビを見たり、新聞を読んだり

看護師がおしゃべりしながら健康チェック

コーヒーでくつろぎタイム

果物のおやつ
舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 4月15日のお食事
4月15日の夕食にお出ししたメニュー「肉じゃが」。「4月の食事サービス課便り」の旬食材でご紹介した「新じゃが」を使っています。
じゃがいもは煮くずれに気をつけながら、中までしっかり味がしみるよう煮込みました。口当たりもやわらかく、ご入居者にも喜んでいただきました。
定番だからこそ、ご入居者に人気のメニュー「肉じゃが」。手を抜けないメニューの代表です。
舞浜倶楽部 「4月の食事サービス課便り」



はじめまして。新入社員の星野 瞳と申します。研修が終わり、現場に入って4日目ですが、先輩に教わり頑張っています。
今月の「食事サービス課便り~旬食材」は、身近な食材「新じゃが」について紹介いたします。
 (4月の顔:新浦安フォーラム食事サービス課栄養士 星野)

新じゃがの特徴
じゃがいもは、一年中食べることの出来る食材ですが、新じゃがは春に収穫されたもの。皮が薄いので、むかずに調理してその風味を楽しむことができます。また、普通のじゃがいもに比べて水分が多く、みずみずしい味がします。

新じゃがの調理方法
水分の多い新じゃがは、つぶして調理する方法は向いていません。煮物や揚げ物が向いています。
舞浜倶楽部でも、毎年この季節によくご提供しているそうですね。

*    *    *     *    *    
今は、覚えることが多く無我夢中で余裕がないのですが、ご入居者の笑顔を見ると、とてもうれしくなります。
ご入居者のことを一番に考え、料理を提供してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。
星野でした!
*    *    *     *    *    *    *  *

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年4月11日 運営懇談会


ご入居者・ご家族にお集まりいただき、2階大教室にて第24回運営懇談会を行いました。 今回は、常務の佐藤より、4月に行われた3年に一度の介護報酬見直しに伴う、利用料に関する変更点を中心に説明いたしました。
施設長の勢司からは、昨年度の収支報告や、5月2日にオープンする「離れ家」の予約開始などについて説明。その後、事務管理課から法定点検のお知らせ、ケアサービス課から行事予定と新人職員について、看護課から健康診断の予定などについて報告いたしました。 最後の質疑応答では、ご入居者とご家族から、介護報酬改定に関する質問や、施設に関する貴重なご意見をお聞かせいただきました。みなさまの声を、より良いサービスに活かしてまいります。
運営懇談会終了後は、オープン間近の「離れ家」の内覧会を行いました。 ご入居者、ご家族のみなさまの歓談の場としてぜひご利用ください。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2015年4月 お花見
春一番を思わす強い風がしばしば吹く日が続くなか、おだやかな天候を見はからってご入居者の皆さんと桜を見にでかけました。 今年は遠出をせずに、ご入居者の希望をお聞きしながら、境川の土手へ向かいます。
八分くらいの開き具合から、満開まで、それぞれの表情。 桜を堪能し、ご入居者にも笑顔の花が咲きました。

新浦安フォーラムも桜で彩られています

樹によってはまだ八分咲きのものも

窓から職員が手を振っています

花見をしながら会話もはずみます

土手の桜はどこまでも続きます

立派な枝ぶり

やさしい日差しです

花影ができるほど満開の桜です

玄関前のしだれ桜

濃い桜色の花を咲かせました
良いお天気に恵まれた数日間で、ほとんどのご入居者をお連れすることができました。桜は日本のシンボル。今年も楽しみました。
舞浜倶楽部ページトップ
会社案内リクルートお問い合わせサイトマップ
MAIHAMA CLUB CO., LTD. All rights reserved. 
 
介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部
本社/ 〒279-0023 千葉県浦安市高洲1-2-1 TEL.047-304-2400 FAX.047-352-7302