介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部

 

文字サイズ会社案内リクルートお問い合わせ窓口サイトマップ
文字を拡大 文字普通
舞浜日記> 新浦安フォーラム
舞浜日記
介護の悩みを共有します
舞浜倶楽部新浦安フォーラムでは、どの方にも楽しんでいただける行事を企画し、実施しています。また、コミュニティに開かれた施設を目指し、地域の方との交流の機会を積極的に持っています。日記では、行事の様子の一部と、ご入居者・スタッフにまつわる出来事をご紹介していきます。
舞浜倶楽部新浦安フォーラムについてはこちらからご覧ください。
介護付有料老人ホーム 舞浜倶楽部新浦安フォーラム
舞浜倶楽部新浦安フォーラム 行事予定表
行事予定表 2018年7月 (PDF形式 別ページで開きます)
行事予定表 行事予定表 バックナンバー


舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年5月25日 夏至祭
新浦安フォーラムの一大イベント、夏至祭。記念すべき10回目となる今年は中庭で開催し、 青空が広がり初夏の風を感じられるさわやかな一日となりました。
今年はスペシャルゲストとしてスウェーデンの音楽療法の第一人者であり「 ブンネ・メソッド」 の考案者でもあるステン・ブンネ先生をお迎えいたしました。
開場前のスタッフは、机や椅子を運んだり、ブンネ楽器の音合わせをしたりと大わらわ。順にいらっしゃったご入居者とご利用者に、夏至祭のシンボルである「メイポール」を赤や黄色の紙のお花で飾りつけるお手伝いをしていただきました。
スウェーデンの民族衣装に着替えたスタッフ、バイキングをイメージしたディスプレイコーナーなど、館内は早くもスウェーデンの空気をまとっていました。

オープニング

午後2時30分、総合司会の西江の開会宣言でいよいよ夏至祭の始まりです!
はじめに代表取締役のグスタフが、スウェーデンの重要なお祭りである夏至祭について説明。「日照時間の短いスウェーデンでお昼がもっとも長い夏至を祝うお祭りです。日本の納涼祭のようなもので、家族や友人とお祝いします。今日は皆さんで楽しい時間を過ごせるよう、スタッフがいろいろ準備してきました。まずは、ポールを立てましょう!」グスタフの言葉に続き、男性スタッフとブンネ先生が、きれいに飾られた約4メートルもの長さのメイポールを担いで登場。グスタフも加わり総勢8名の手で中庭の真ん中に長いポールが立てられると、会場からはどよめきと大きな拍手が起こりました。

音楽の宴、スタート

「レディース&ジェントルマン、ミスター・ブンネ!」グスタフの紹介を受け、ハーモニカを吹きながら登場したブンネ先生は、スウェーデンの結婚式でよく使われるという軽快な曲をにこやかに演奏しながら歩き回り、会場の皆さまも笑顔で手拍子を送っていました。
続いて、ご入居者によるブンネバンドの発表です。毎週のブンネの練習では和気あいあいと弾いていらっしゃいますが、今日は多くのゲストを前の発表とあって、指揮者を見つめる目線に少しだけ緊張の色が見られます。1曲目の「コロブチカ」はだんだんスピードが速くなっていく難しい曲ですが、リズムにのって見事に演奏。会場の拍手の音を聞いてほっとされたご様子で、笑みが浮かびました。
2曲目の「オクラホマミキサー」では、スタッフが「会場の皆さまも一緒におどりましょう!」と呼びかけ、有志の方々がどんどん前に出てきてくださいました。スタッフと手をつないで輪をつくり、ブンネバンドの音楽に合わせて踊ります。振りをまちがえるのもご愛嬌。踊る方も手拍子を送る方も笑顔で、いかにもお祭りらしい明るい雰囲気に包まれていました。
3曲目の「踊ろう楽しいポーレチケ」は会場の皆さまに歌詞カードをお配りし、ブンネバンドの演奏にあわせた歌声で盛り上げていただきました。

スイーツタイムで小休止

食事サービス課が用意した今回のデザートは、いちご・みかん・キウイ・パイナップル・ブルーベリーなど果物がふんだんに使われたフルーツパフェ。さくらんぼには金箔もあしらわれ、さながらバイキングの財宝のようにきらめいていました。皆さまに召し上がっていただけるよう、ペースト状のもの、細かく刻んだものもご用意させていただきました。 スタッフからパフェを手渡されると、皆さま弾けるような笑顔で「食べるのがもったいないくらい、きれいね」「とっても美味しいわ」と喜ばれていました。

ブンネバンド&ブンネ先生のセッション♪

今日のスペシャルプログラムは、ブンネ先生の指揮による、ABBAの「マンマミーア」の演奏です。ブンネ・ジャパンのアンデルス社長はミニベース、ブンネ・ジャパンのチーフインストラクター藤林さまはボーカル、グスタフはスウィングバーギターでブンネバンドと共演。この日限りのスペシャル・ブンネバンドです。
会場の皆さまは手拍子でご参加くださり、一体感の生まれる素晴らしいステージとなりました。ブンネ先生も「パーフェクト! グレイト!」と大絶賛。ご入居者の代表からお礼のプレゼントを受け取ったブンネ先生は、胸に手をあてて喜びと感謝の意を表され、会場からは大きな拍手が送られました。

恒例・カエルダンスでフィナーレ

皆さまお待ちかね?!の、カエルダンスの時間がやってきました。グスタフも、飛び入り参加の方も、メイポールの周りをカエルになりきってジャンプ!ジャンプ! ジャンプ! ユーモラスな姿に会場には笑いがあふれ、1曲では物足りない(笑い足りない?)皆さまから「アンコール!」の熱い声が。特別に”アンデルス社長バージョン”でアンコールに応えてくれた、とっても元気なカエルのみなさまでした。
太陽の光のもと、音楽と笑顔があふれる楽しい時間となった今年の夏至祭。また来年も皆さまと笑顔でお祝いできることを願っています!
ブンネ先生、アンデルス社長、藤林さま、本日はどうもありがとうございました。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年5月20日 甘味処オープン
芝生の緑がまぶしい中庭の一角にたたずむ、落ち着いた日本家屋「離れ家」。おかげさまでこの5月で開店3周年を迎えました。
毎月1回、第三日曜日に行っている甘味処は、オープン当初よりとてもご好評をいただいており、本日もご入居者とご家族で大盛況となりました。
給仕を務めるのはコンシェルジュのスタッフ。本日の担当は小田と神宮です。作務衣風のユニフォームに身を包み「いらっしゃいませ!」とお出迎えし、非日常感を演出します。
4人連れ立っていらっしゃったご入居者のグループは、百人一首の会に参加したあとに「離れ家」で15時のおやつを召し上がるのが、毎月お楽しみの定例行事。常連さまらしく素早く注文され、おしゃべりの続きを楽しんでいらっしゃいます。
ほどなくしてバターの良い香りが漂い「お待たせしました」の声と一緒に運ばれてきたのは、宝石がちりばめられたように色とりどりのフルーツたっぷりで飾られたパンケーキ。弾ける笑顔のご入居者の「美味しそう、食べるのがもったいないわ」の声に、お隣であんみつを召し上がっていたご入居者からは「ほんとうに美味しそうね。私も次はそっちを頼むわ!」と言う声が聞こえてきました。

フルーツをたっぷり飾ったパンケーキ

大人気の抹茶ばばろあ
甘味8種類・スイーツ8種類のメニューはどれも人気ですが、リピーターが多いのは「抹茶ばばろあ」。料理長が厳選した抹茶は香り高く、毎回こちらを注文されるご入居者からは「抹茶のほろ苦さがいいのよね。他の抹茶のデザートを食べても、きっと物足りなく感じちゃうと思うわ」と嬉しいお言葉をいただきました。
お帰りになられるご入居者に「おいしかったですか?」と手を取り話しかけると、ぎゅっと握り返してくださいました。とても嬉しい瞬間です。
次回甘味処は6月17日にオープンします。徒歩2分でお出かけ気分が味わえる「離れ家」へ、ぜひ皆さまお越しくださいませ!

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年5月6日 9周年祭
おかげさまで舞浜倶楽部新浦安フォーラムは、開設9周年を迎えることができました。 ご入居者の皆さまをはじめ、ご家族、地域の皆さまに深く感謝いたします。
本日はお集まりいただいた皆さまと「 浦安ウィンドアンサンブル」の皆さんの生演奏で、楽しいひと時を過ごしました。

感謝のことば

会場の大教室には、たくさんのご入居者やご家族の皆さまが集まり、司会の金塚の開会宣言で、9周年祭が始まりました。
先ずは施設長の下舘よりご挨拶。ご入居者、家族の皆さまへ、日頃のご理解とご協力に感謝の気持ちをお伝えしました。
続いてご入居者の代表の方よりご挨拶いただき「スタッフの皆さまにはいつもよくしていただき、感謝しています」とありがたいお言葉をいただきました。

新人紹介、永年勤続表彰

この春新浦安フォーラムには、ケアサービス課に3名、食事サービス課に2名の新入社員を迎えました。今日は全員揃ってのお披露目です。「ご入居者の望んでいらっしゃる生活に少しでも近づけられるよう、力になりたいです」「美味しい食事が作れるようがんばります」など緊張しながら初々しい自己紹介。下舘からも「ご入居者の皆さまがいちばんの先生です。どうぞ気づいたことは何でも教えてください」と言葉を添えると、会場の皆さまから温かい拍手をいただきました。
続いて勤続10年を迎えたスタッフの表彰です。受けるのはこの4月よりケアサービス課の課長に就任した中島洋平。「今日の日を迎えられたのはご入居者の皆さま、職場の皆さんのおかげです。この表彰を励みにこれからもがんばります。20年後も健康で頑張っていたいと思います」とスピーチしました。

コンサート ~浦安ウィドアンサンブル~

お待ちかねのコンサート。 管楽器を手にした総勢25名ほどのメンバーと、真っ赤な衣装の団長早川さまが登場し、大きな拍手が沸き起こりました。
「みなさんこんにちは。今日は大きな音でビックリさせてしまうかもしれませんが、生の演奏を楽しんでください」と早川さまからご挨拶をいただき、さっそく演奏がスタート。最初の曲はスウィングジャズの名曲「A列車で行こう」です。
天井の高い大教室に響き渡る音色は、大きくてビックリすると言うより、心に響く心地の良い音として会場の皆さんに届いている様子。目を閉じ聴き入る方、体でリズムを刻んでいる方、体を起こし耳を傾けている方など、それぞれに音楽を楽しんでいらっしゃいます。
「リトルマーメイドメドレー」や荒井由美の「ユーミンポートレート」など演奏が進み、合間には楽しいおしゃべりや楽器の紹介などもしてくださいました。また時折、音楽に造詣が深いご入居者と早川さまがお話されるシーンもありました。
後半はご入居者に人気の、千昌夫の「北国の春」や「美空ひばりメドレー」を演奏。ご入居者の皆さんは歌詞カードを片手に気持ちよさそうに歌っていらっしゃいました。アンコールにもこたえていただき「涙そうそう」を披露。ご入居者の代表の方から花束をお渡しし記念撮影。あっという間に思えた素敵なコンサートでした。

閉会式

ケアサービス課課長の中島が再び登場し、
改めてご入居者の皆さまへ感謝の気持ちと今後への意気込みを述べさせていただきました。締めくくりは会場の皆さま全員での三本締め。とても賑やかに9周年祭がお開きとなりました。
本日のおやつは、昨日の端午の節句にちなみ菖蒲を模した和菓子を、夕食にはお祝い膳をご提供させていただきました。

周年記念の祝い膳

9周年祭の夕食は、ご入居者にとても好評の握り寿司の祝い膳です。

お品書き
握り寿司、茶碗蒸し、モロコシ掻き揚げ、じゅん菜酢、あさり味噌汁、季節の果物

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年4月28日 フラワーアレンジの会

今日の午後は人気のアクティビティ「フラワーアレンジの会」を行いました。
毎月講師をしてくださっている潮田(うしおだ)先生が、季節の花を選び持ってきてくださいます。今日は素敵な淡い緑色のカーネーションとガーベラ、バラ、カスミ草を用意してくださいました。
先生はご入居者に目線を合わせながら、花の特徴や色の配置など優しく説明し、土台のオアシスへ生けるお手伝いをしてくださいます。また、生け花に慣れているご入居者には花の茎長めにご用意し、ご自分でアレンジしやすいように準備してくださっています。

毎月この会に参加されているご入居者は 「お花は心が和むわ。今月も楽しみにしていたの」と先生との会話もはずまみます。

すべての花を生け終え満足そうなご様子のご入居者のお顔には、アレンジの花に負けないくらいすてきな笑顔があふれていました。 花は人を笑顔にする大きな力を持っていますね。皆さんの素敵な作品はスタッフが大切にお部屋へお運びしました。来月も楽しみです。


舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年4月07日 運営懇談会・家族OB会
ご家族、ご入居者にお集まりいただき、第36回運営懇談会を行いました。
はじめに現在の職員体制、1月以降の人事についての報告と、平成30年度介護報酬改定に伴った介護基本報酬の改定の件についてご説明いたしました。(ご質問等は個別に承りますので、事務管理課へお声がけください。)
続いて、決算を終えての報告と1月期の収支、法定点検と清掃の報告とご案内。ケアサービス課からは、4月より大きなユニットが主任1名体制から2名体制へ変更になる報告と、看護課からは、春の健康診断の案内と季節の変わり目の健康管理についてのお話させていただきました。食事サービス課からは、1月以降の特別献立の報告と今後の予定をご案内しました。
最後に、新入社員と新しく主任となった職員の紹介。 4月1日付で富士見サンヴァーロの施設長に就任し、新浦安フォーラムを離れることになった秋山よりご挨拶をさせていただきました。
運営懇談会の後には「第1回家族OB会」を開催しました。家族OB会は、現在のご入居者のご家族と、契約を終了された方のご家族を会員とし、会員相互の親睦を図るのが一番の目的の会で、今回はご家族7名とOB会員3名が参加してくださいました。1階に降りてこられたご入居者とOB会員が久しぶりの再開を喜ばれる光景も見られ、家族OB会終了後も熱心に話を続けられるご家族の姿もありました。

今後家族OB会の方には、舞浜倶楽部・新浦安フォーラムへのイベント等へのボランティア参加などもお願いしていく予定です。 家族OB会は、今後も運営懇談会と同日開催を予定しておりますので、多くのご家族のご参加をお待ちしております。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年4月3日 お花見散歩
新浦安フォーラムの真横を流れる境川沿いの桜並木が、今年は3月下旬に見頃を迎えました。 「今年のお花見はいつ?」と待ちわびていらっしゃるご入居者をお誘いし、ユニットごとに お散歩へ出かけています。頭上の桜の美しさはもちろんのこと、対岸に連なる桜の木々はピンクの帯のようで、とてもきれいでした。今年は桜が開花してから穏やかな日が続いたこともあり、何度となくご家族と川沿いをお散歩されるご入居者もいらっしゃいました。
一方、敷地内の枝垂れ桜は花びらの濃淡が日々変化し、毎日違った表情を見せてくれています。
室内から窓越しに見える美しい枝垂れ桜を愛でながら、特別献立のお花見弁当を嬉しそうに召し上がるご入居者。食事サービス課にとって、この笑顔が何よりの楽しみです。来年のお花見弁当も、桜の花と同じくらい楽しみにしていてくださいね。
**************************************
お花見弁当メニュー
〈上段〉
桜ます桜葉包み焼き、酢蓮根、海老艶煮、合鴨燻製、肉だんご、蝶々丸十、 明太薩摩
蚕豆蜜煮、焼き青唐、花弁百合根、六方小芋、南瓜含煮、茄子オランダ煮、昆布巻き
竹の子土佐煮、桜人参、蕗田舎煮、絹さや
〈下段〉
玉子焼き、若鶏唐揚げ、カニクリームコロッケ、トマト、レモン
〈ご飯〉
竹の子御飯 木の芽
〈吸い物〉
帆立真丈、青海苔、花弁野菜

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年3月17日 青果販売
新浦安フォーラムには毎月2回、市内に店舗を持つ「伊藤青果」さんが出張販売に来てくださいます。旬の果物を購入されるこの機会を楽しみにしているご入居者は多く、到着前からお待ちになる方もいらっしゃいます。
この日並んだ果物は、みかん・デコポン・せとかオレンジ・りんご・いちご・バナナ。そのほかにも、カステラやあめなど高齢者の方が食べやすいお菓子も並びます。 一番人気のみかんの箱を前に「どれがいいかなあ」と丁寧に選ぶご入居者に「シーズン最後ですからね」と声をかける伊藤青果さん。「バナナが欲しいけど、1パックは多いなあ」「なら、半パックでいいですよ」といったやり取りや、常連のご入居者には「あとは、このバームクーヘンでしたね」と手渡したり、ご入居者お一人一人に合わせた対応が、温かいです。
気がつけばお会計の列ができていましたが、「私、みかんが好きなのよね」「みかんは日持ちするから、いいわよね」とご入居者同士でおしゃべりしながら待つ時間も、また楽しいものです。 "近所の八百屋さん”でご自分で買われた今日のおやつは、一段と美味しいのではないでしょうか!

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年3月3日 おひな祭り
毎年おひな祭りが近づくと、エントランスに飾られる七段の雛人形。何度もお雛さまを見に来られるご入居者や、通りがかりに足を止め、なつかしいお話などを聞かせてくださるご入居者もいらっしゃいます。 また各ユニットにも、ご入居者やスタッフ手作りのお雛さまなどを飾り、館内随所で春の訪れを感じられます。
毎年、ユニットごとにおひな祭りのお祝いをしている新浦安フォーラム。今年も3月3日は、ご入居者の笑顔と明るい声が響き渡りました。 ♪あかりをつけましょぼんぼりに~♪と、あちらのユニットでは童心にかえったご入居者の歌声が。こちらのユニットでは江戸時代の「貝合わせ」を真似た手作りのカードの神経衰弱ゲームで、「当たった!」とうれしそうなご入居者の声とスタッフの拍手が聞こえてきます。
歌やゲームを楽しんだ後は、皆さまお楽しみのおやつタイム。あんこが入ったさくらゼリー、食べやすく加工したイチゴをのせたショートケーキ、和菓子など、ユニットごとにそれぞれおやつを用意させていただきました。 「今日のお菓子はいかがでしたか?」とたずねると、「おいしかった!もうひとつ食べたい!!」と答えるご入居者もいらっしゃり、どのユニットも和やかな春の一日を過ごされました。
**************************************
おひな祭りの昼食
メニュー
碓井まめ豆腐 花ちらし寿司 ガリ お吸い物 デザート

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年2月14日 お化粧教室
今日はバレンタインデー。女性が男性に愛を告白する日です。新浦安フォーラムではそんな日にピッタリの企画、「お化粧教室」を行ないました。
今回のテーマは「手とネイルのケア」。寒く乾燥する季節は手荒れが気になりますが、今日はマッサージ、マニキュア、ネイル用シールでのデコレーションをしていただき、ツヤツヤキラキラな手になっていただきます。 資生堂から来てくださった講師の皆さんは、ご入居者に優しく声をかけながら、各テーブルを回りサポートしてくださいました。
まずは「グーッパ、グーッパ」と身体を温める体操。続いてハンドクリームを塗り、指を丁寧にマッサージ。血行が良くなり手の色が一段明るくなってきました。更にキラキラするパウダーをはたき、マニュキュアです。ご入居者の皆さんはとても手馴れているようで戸惑いなく塗り終え、手をかざしては微笑み、満足そうなご様子です。
続いてネイルシール。ご入居者の世代にはあまりなじみが無い物だけに、なかなか手が動かない様子です。ここはスタッフや講師の方々の出番!小さな花形のシールを、ピンセットで爪先に貼るお手伝いをさせていただきました。最後はコーティング用のマニュキュアを塗り完成です。
工程が進むにつれ、綺麗になっていく手とご入居者の表情。何度も何度も自分の手を眺めては、うっとりとされる皆さんの幸せそうな笑顔に、私たちスタッフが癒されてしまいました。
お部屋に戻られる間も、「ねぇ、綺麗でしょ」とお互いに手を見せ合う場面があちらこちらで見られました。
次のお化粧教室は4月の予定です。楽しみにしていてください。

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年2月4日 節分

鬼に扮したスタッフが各ユニットを周り、ご入居者の皆さまに豆まきをしていただきました。
鬼の到着を今か今かと待っていたご入居者。鬼が到着するなり勢いよく豆(殻つき落花生)をまき、鬼が「痛い、痛い」と思わず逃げ出しそうになりました。そうかと思えば、鬼を優しく手招きで呼び、「はい」と豆を手渡すご入居者。一瞬の間があり大きな笑いが起きました。また、ご入居者の耳元で鬼が優しく声をかけ、豆をまいていただいた場面もあり、各ユニットごとにいろいろな豆まきとなりました。
すっぽりと頭からお面やかつらを被っている鬼たち。ご入居者の皆さんは誰が扮しているのか興味津々の様子です。「あなたは誰なの?」 「声でわかるわ、あなた野崎さんでしょ」 そんな会話も度々聞こえてきました。
汗だくになりながら鬼に扮したスタッフ。ご入居者の皆さんから豆と一緒にあたたかい笑顔や言葉をいただき、しあわせな気分で退散していきました。

*************************************
節分の昼食
2月3日は節分にちなんだ昼食を召し上がっていただきました。 福を巻き込むと言われている恵方巻きには、ご入居者も大好きなイクラを入れて。五目豆はグリンピース、人参など彩りよく。また、鬼が苦手で追い払うとされている「鰯」を、梅煮でご用意しました。
邪気を払う縁起の良いお食事を召し上がっていただき、今年も一年お元気にお過ごしいただきたいと思います。
メニュー
五目豆 茶碗蒸し 鰯の梅煮 香の物 恵方巻き 吸い物

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2018年01月26日 新春特別見学会

今年最初の特別見学会を開催しました。
特別見学会は、ご入居を検討されている方むけの「舞浜倶楽部体験」をしていただくもの。施設見学だけでなく、当日の食事の試食や、舞浜倶楽部のケア体験も受けていただくことができます。
この日は、ご参加者を暖炉に火をともしたラウンジにお通しし、社長のグスタフが歓迎。自己紹介と舞浜倶楽部について、そして見学会の見どころなどを説明しました。

昼食試食

舞浜倶楽部の見学会では、当日ご入居者が召し上がった日常のメニューを、ご参加者に召し上がっていただいています。カフェテリアに座っていただき、施設長下舘をはじめ、本日ご案内するスタッフも各テーブル分かれて同席。食事を取りながら質問などをお受けしました。
この日のメニューは、イカフライ、ミニナポリタン、
蟹の胡瓜酢、味噌汁、ごはん
途中食事サービス課の星野がご挨拶に。今日のメニューのポイントを説明

施設内見学

食後のコーヒーの後は、2名ずつの少人数に分かれて、施設内見学へ。設計や採用した建材に関して説明しながら、ユニットの共用部と居室をご覧いただきました。
川沿いの桜並木を眺めて「春はきっときれいね!」と
言葉を交わすご参加者
窓が床から天井まである居室は、ベットの位置が変えやすいように真四角

スウェーデンケア体験

見学のあとは、2階大教室で舞浜倶楽部で実践しているケアを体験していただきました。
最初は、スウェーデン生まれの音楽療法「ブンネ・メソッド」。
「これから皆さんで、誰でも簡単に操作できるブンネ楽器で、合奏していただきます!」とケアスタッフ吉田がブンネ・メソッドの効果と楽器の使い方をレクチャー。指揮と操作の合わせ方を練習し、いきなり本番です。「サンタルチア」「ペチカ」「明日がある」、3曲を続けての演奏体験に、ご参加者も楽し気な様子でした。
次は、タクティール・ケアの体験です。
最初に、国内初のスウェーデン王立財団法人「シルヴィアホーム」認定インストラクター北島が、ケアの特徴や効果について、説明。舞浜倶楽部では、認知症をはじめとする緩和ケアで、効果が確認されていること、日常的に実践しており、事務職を含めスタッフの9割がタクティール・ケア講座を履修していることなどをお話ししました。
その後、手または背中のケアを受けていただきました。体験後、「気持ちよくて眠くなってしまいました」「体が温かくなった気がします」などの感想が聞かれました。

今年の特別見学会の日程及び特別体験入居のご案内
特別見学会を定期的に開催しています。ご都合に合わせてお申込みください。
また、現在、期間限定価格でお泊りいただける特別体験入居もご案内中です。
通常一泊16,632円のところ、1泊3,000円でお泊りいただけます。詳細は以下のページでご確認ください。
新浦安フォーラム ご見学・体験入居のご案内



舞浜倶楽部 新浦安フォーラム 2018年1月20日 運営懇談会
お正月の「ハレ」の日モードも徐々に落ちき、新浦安フォーラムには穏やかな日常の空気が流れています。今日はご家族、ご入居者にお集まりいただき第35回運営懇談会を開催しました。
はじめに施設長の下舘より、運営状況と人事、ユニット廊下補修工事ついてご報告させていただきました。続いて事務管理課からは、2017年2~11月の食事収支と法定点検に関する報告、ケアサービス課からは、今冬の感染症対策、居室環境チェックリストに基づいた環境整備、職員の配置転換、2~4月の行事予定について報告とご案内をいたしました。看護課からは、秋の健康診断の実施と予防接種について、食事サービス課からは、クリスマス・お正月の特別献立と食器洗浄に関する報告、離れ家のご利用案内をさせていただきました。
今後も、ご入居者とご家族の皆さまに安心して生活していただける施設作りに取り組んで参ります。

舞浜倶楽部新浦安フォーラム 2018年01月01日 新年祝賀会
新年明けましておめでとうございます。
新浦安フォーラムでは今年もご入居者、ご家族の皆さまと一緒に新年祝賀会を行いました。 代表取締役社長グスタフより新年のご挨拶をさせていただき、戌年生まれのご入居者の方々とスタッフによる鏡開き。升酒で乾杯をした後、福引や手作り獅子舞との記念撮影など、賑やかに新年の始まりをお祝いしました。

新年のお食事

新年の始まりのお料理は、お雑煮とお正月らしいおせち料理の寿膳をご用意いたしました。黒豆やえび艶煮、伊達巻などの祝い肴、穂付き筍や棒鱈旨煮などの多喜合せ(炊き合せ)、栗きんとんや花蓮根を添えた家喜物(焼き物)、お赤飯。お雑煮には香り豊かな舞茸や柚子を。喜んで召し上がっていただけました。
舞浜倶楽部ページトップ
会社案内リクルートお問い合わせサイトマップ
MAIHAMA CLUB CO., LTD. All rights reserved. 
 
介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部
本社/ 〒279-0023 千葉県浦安市高洲1-2-1 TEL.047-304-2400 FAX.047-352-7302