介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部

 

文字サイズ会社案内リクルートお問い合わせ窓口サイトマップ
文字を拡大 文字普通
舞浜日記> 富士見サンヴァーロ
舞浜日記 舞浜倶楽部のケア事例
介護の悩みを共有します
舞浜倶楽部富士見サンヴァーロでは、季節の行事だけでなく、職員の企画による様々な行事が行われており、ご入居者は、ご自分の体調やご気分に合わせ、好きなものに参加されています。 日記では、行事の様子の一部と、ご入居者・スタッフにまつわる出来事をご紹介していきます。
富士見サンヴァーロについてはこちらからご覧ください。
介護付有料老人ホーム 舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 行事予定表
行事予定表 2017年10月 (PDF形式 別ページで開きます)

行事予定表 行事予定表 バックナンバー

舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年11月6日 避難訓練
「1階厨房にて火災発生」館内に鳴り響いた非常放送を合図に、避難訓練が始まりました。 各フロアごとに安全安否の確認を行い、ご入居者とスタッフがはぐれないよう手をつなぎ、1階の多目的ホールに避難します。皆さんが集まったところで、避難の訓練は終了。富士見サンヴァーロでは緊急時でも落ち着いて行動できるよう、年に3回こうした避難訓練を実施しています。
続いて浦安市消防署本部職員立ち合いのもと、ご入居者も一緒に消火器の使い方を学びます。今日は中庭で、実際に消火の体験をしてみました。話に聞くのと、実際にやってみるのは違うもので、体験したご入居者からは「これで何かあっても大丈夫ね」と言う声が聞えてきました。 ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年10月26日 座談会

富士見サンヴァーロで毎月第4木曜日に開催している座談会。 運営懇談会とは別に、ご入居者と施設長、各部門からスタッフが集まり、お茶とお菓子をご用意し気軽な雰囲気の中おしゃべりをしています。
今日は26名のご入居者とスタッフが多目的ホールに集まりました。
スタッフからは、流行の季節が近づいてきたインフルエンザの予防接種の話や、カーテンクリニーング、消防訓練の日程、ハロウィンメニューの話などを報告。また、スウェーデンで研修を受け帰国したばかりのスタッフから、スウェーデンで訪れた施設の話や食事の話などをさせていただきました。興味深そうに聴き入るご入居者。質問を交えながらの報告となりました。
ご入居者よりインフルエンザワクチン不足の質問がでましたが、ご入居者の皆さまの分はすでに確保をしておりますのでご安心ください。この場をかりてご報告させていただきます。

舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年10月12日 外出ツアー
今日は外出ツアーでご家族も一緒に、葛飾柴又にある「帝釈天」と「寅さん記念館」へ行って来ました。この日は10月だというのに真夏のような暑さ。「暑いわね~」「帽子持ってくればよかった!」と皆さん、できるだけ日影を選びながらの散策となりました。まず最初に向かったのは「帝釈天」。帝釈天は古くから厄除け、病気平癒のご利益がある神様です。ご入居者はお賽銭を投じ手を合わせていました。
参拝が終わり、お腹の虫が「グー」と鳴いたところでランチタイム。皆さん「うどん」「お蕎麦」「かた焼きそば」など、お好みのメニューをおいしそうに召し上がりました。
お腹が満たされ、参道の散策に出発!帝釈天の参道は、下町ロマンに溢れる街並みで、歩いているだけでワクワクしてきます。立ち並ぶ店先で、ご家族へのお土産にと、お団子やお煎餅などを吟味されている姿もとても楽しそうでした。
そしていよいよ、お待ちかねの「寅さん記念館」へ。
こちらは、映画「男はつらいよ」の世界観を満喫できる記念館になっており、16のコーナーに分けて様々な展示がされています。中でも人気は、実際に映画で使っていたセットを展示しているコーナー。団子屋の「くるまや」や、お馴染みのタコ社長「朝日印刷所」のセットなどがあり、まるで映画の中に入りこんでしまったような気分になりました。
今回の外出ツアーは大変ご好評をいただき、来月第二弾でも開催予定です。

寅さん記念館

再現された「くるまや」のセット

タコ社長の「朝日印刷所」も再現

昭和30年代の帝釈天の街並みも再現
 
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年9月30日 運営懇談会
日中はまだ暑い日が続く中、ご入居者、ご家族にお集まりいただき、第54回目の運営懇談会を開催いたしました。
はじめに運営状況と人事についてのご報告。7月末まで富士見サンヴァーロの施設長だった下舘が、新浦安フォーラムの施設長に、また新浦安フォーラムの施設長だった平塚が、富士見サンヴァーロの施設長として異動したことをご報告しました。
事務管理からは、害虫駆除の日程と、停電検査の予定を説明。続いてケアサービス課より、皆さまのご協力により、盛大な納涼祭ができたこと、納涼祭の手作り品が好評で完売したことについてのご報告と、あらためて日頃のご協力に感謝の気持ちを伝えしました。看護課からは、健康診断の予定と、空気の乾燥するこれからの季節の体調管理、感染予防などについてお話させていただきました。
最後に食事サービス課から、8月の納涼祭の特別食にたくさんのご予約をいただいたこと、敬老の日の夕食「敬老御膳」は大変喜んでいただけたことをご報告させていただきました。
早いもので今年もあと残すところ3ヶ月となりました。寒くなる季節となりますので、体調管理に十分配慮し、皆さまで楽しく年末を迎えられるようスタッフ一同一層気を引き締めケアさせていただきます。


舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年9月28日 スカイツリーバスツアー
本日は待ちに待った東京スカイツリーツアー!…しかし、お天気はあいにくの雨。パラパラと雨があたる中、バスに乗車すると、ガイドさんが「皆さん、おはようございます。鼻息が荒いなぁとご自身で思う方は、鼻息で曇り雲を吹き飛ばしてください」とひとこと。その言葉を受け、どなたかが、我こそは!と名乗りあげてくださったのでしょうか。はじめは雲がかかって半分ほどしか見えなかったスカイツリーでしたが、雲が上へ上へと吹き飛ばされ、近づく頃には世界有数の大きな姿を見せてくれました。まさにミラクルです。
スカイツリーの全貌が見えてきたところで、今回訪れたスカイツリーのプチ情報をご紹介します
東京スカイツリーは2012年に電波塔かつ観光施設として開業し、高さは634mで現在電波塔として世界第1位の高さを誇ります。建設時は630mを予定し世界一を目指していましたが、当時建設中だった中国の広州タワーがほぼ同じ高さだったため、急遽避雷針を伸ばし、旧国名のひとつである「武蔵(ムサシ)」にちなんで現在の高さである634m(ムサシ)となったそうです。
さて、45分かけて目的地まで連れてきてくださった運転手さんに感謝を伝え、いよいよスカイツリーの見学開始です! 4つの班に分かれて、春夏秋冬をイメージしたそれぞれのエレベータに乗り込むと、わずか50秒で展望台に到着。エレベータのドアが開くと展望ガラス一面に空色が広がっています。思わず「わあ」と歓声を上げるご入居者。自然と足が窓のほうへ運ばれます。スカイツリーから見える景色と、パンフレットにある地図を照らし合わせ、「ここはどこだろう」、「あれはこの辺かしら」と眺望を楽しんでいました。それにしても皆さん、高いところが平気なご様子、さすが肝がすわっています。

ぐるぐると展望台を回っていると、スカイツリーのキャラクター「ソラカラちゃん」が迎えてくれ、皆さんの笑顔が一気にはじけました。ソラカラちゃんと一緒に写真を撮って、握手やハグをしてもらい、「きゃーかわいい!」とテンションは最高潮です!続いては、ガラス床のある展望回廊へ。地上340mから見下ろす景色はさっきまでと異なって見え足がすくみます。さすがに足元がガラスになると「私はもういいわ」「はぁ、怖い怖い」と目をつぶらずにはいられない、スカイツリーの高さを実感しました。
ランチタイムには、うどん、蕎麦、ハンバーグなど、各々好きなものを召し上がられました。皆さんおいしいご飯に夢中になっているご様子で、黙々と召し上がっておられました。デザートのアイスクリームは、「ちょっと量が多いわね」とおっしゃっていましたが、一口食べると「こんなにおいしいのね!」と感激され完食ていました。ツアーも終盤に差し掛かったお買い物タイムでは、たくさんのおいしそうなお土産が並び、皆さん目移りしているご様子。ご家族やお孫さんにあげるお土産を選ぶ顔は真剣そのものです。いくつもの試食をし、よくよく吟味して選んだので喜ばれること間違いなしです。
最後は、皆さんとスカイツリーの入り口で集合写真をパシャリ。楽しい外出ツアーとなりました。また来年が待ち遠しいですね!
 
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年9月21日 看護学科臨地実習
舞浜倶楽部では、大学教育の支援として学生の実習受け入れを行っており、今回富士見サンヴァーロを訪れた了徳寺大学看護学科3年生5名は、4期に分け高齢者の看護を学びます。
第1期目となったこの3日間、ご入居者にご協力いただき、ケアスタッフに習いながら、話をしたり、お部屋で依頼を伺ったり、入浴の補助をするなど、実際の業務を体験しました。 実習最終日は、ご入居者とスタッフの「座談会」も見学。ご入居者の方々は、学生の皆さんが挨拶をすると温かい拍手で迎えてくださいました。
実習の締めくくりは、教授と看護課依田と学生の皆さんとカンファレンスです。カンファレンスの目的は、自分の意見を整理し、他者の考えを聞き、より良い看護をみつけ出すこと。発表をしたり、人の意見を聞くことで、実習中の振り返りを行ないました。 今回の実習が、学生の皆さんのよい経験となったことを心より願います。
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年9月15日 敬老会
敬老の日を前に、一足早い敬老会を開催しました。今年富士見サンヴァーロで長寿の節目を迎えたご入居者は18名。かわいいゲスト「しおかぜ保育園」の園児をお迎えし、元気いっぱいのお遊戯と歌声で、お祝いの会を盛り上げていただきました。

ご入居者の長寿をお祝い

残暑厳しいなか、富士見サンヴァーロの多目的ホールには、長寿のお祝いにご入居者、ご家族が集まっています。
はじめに、施設長の平塚より「おめでとうございます。皆さんますますお元気でいてください」と挨拶。続いて、傘寿・盤寿・米寿・卒寿・白寿・百寿・百三賀のご入居者に、賀寿を祝った色紙を贈ります。皆さん笑顔で色紙を手にされ、百三賀で表彰されたご入居者が代表で「ありがとう。盛大に祝ってもらい恐縮しております。これからもよろしく」とお話されました。

元気いっぱい!お遊戯と歌のプレゼント!

「本日はおめでとうございます。こちらの横断幕は、しおかぜ保育園からのプレゼントです。子供たちは今日の日のために一生懸命練習してきました。短い時間ですが楽しんでください」と園長先生。続いて元気な園児たちが登場すると、「かわいいわね~」とあちらこちらから声が聞こえてきました。
園児たちが最初に歌ってくれたのは「ホ!ホ!ホ!」。力いっぱい歌っているその姿に、目を細め喜ばれているご入居者の姿が多く見られました。3曲目の「大きな栗の木の下で」では、歌の前にみんなでお遊戯の練習。ご入居者も、先生や園児たちを真似て体を動かし、楽しそうなご様子です。
歌とお遊戯が終わると、園児たちがご入居者に「いつまでも元気でいてください」と、手作りの首飾りをかけてくれました。園児たちからのプレゼントに、ご入居者は満面の笑顔。「ありがとうね」と声をかけながら、今度は園児たちにお返しのお菓子を手渡し、園児もニコニコ笑顔です。
しおかぜ保育園の皆さん、本日はかわいいしいプレゼントをありがとうございました。


歌の前にお遊戯の練習

園児たちから手作りレイのプレゼント

「いつまでも元気でいてください」

お返しにお菓子のプレゼント

花束のプレゼント

今日はありがとうございました!

敬老御膳


**************************************
敬老の日の夕食には、秋の味覚が満載の懐石風御祝膳をご用意させていただきました。 真鯛のお刺身や松茸、生うになどの格別なお食事を、皆さんとても喜んで召し上がっていらっしゃいました。
敬老御膳献立
【先付け】汲み湯葉 生うに 山葵 龜甲あん
【吸い物】牡丹鱧 松茸 三つ葉
【お造り】真鯛うす造り あしらい
【煮物】菊花蕪スープ煮カニ餡かけ
【焼き物】かます酒盗焼 かぼす 銀杏 はじ神 丸十レモン煮 青唐
【食事】いくら飯
 
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年8月24日 ヤクルト&セブンイレブン移動販売
毎週木曜日は「ヤクルト販売」の日。ヤクルトやヨーグルトなどを載せたワゴンが各フロアを回り、廊下で販売をしています。
「おはようございます!」ヤクルトのお姉さんが声をかけ、今日も販売が始まりました。常連のご入居者が集まり、おしゃべりをしながら買い物をしています。毎週定期的にやってくるヤクルトの販売は、ご入居者の皆さんの中でもすっかり定着しており、「いつもの物をいつもの数だけ」購入される方がほとんどですが、持ちきれない程買って行かれる方もいらっしゃいました。買い物が終わり「また来週ね」とお部屋に帰って行かれるご入居者を、「またお待ちしています」と笑顔で見送るヤクルトお姉さんでした。
そして今日は第3木曜日。ご入居者の皆さんがお待ちかねの「セブンイレブンの移動販売」の日です。 「セブンイレブンの移動販売を始めます」と館内放送が流れると、多目的ホールに臨時オープンしたお店の前は、あっという間にご入居者でいっぱいになりました。テーブルには煎餅やバナナ、パン、甘味、お酒など、たくさんの食品が並んでいます。人気のバナナはあっという間に売り切れてしまいました。ワインを買われる方やお菓子をいくつも買っていく方など、ご入居者の皆さんとても楽しそうです。その様子を見ながら、セブンイレブンのスタッフさんも嬉しそうでした。
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年8月20日 納涼祭

2017年の納涼祭が始まります。
会場ではスタッフが、色とりどりの浴衣や法被を身にまとい、お祭りムード満点です。
午前中はバザーや射的を楽しみ、午後はゲストを迎えステージ三昧。夕食には特別料理を召し上がっていただき、楽しい一日を過ごしました。

バザー&射的&喫茶コーナー


バザーの前にはもう長蛇の列ができています。テーブルには、キーホルダーやコルクで作った鍋敷き、ティッシュケースなど、ご入居者やご家族、スタッフが手作りした品々が並んでいます。「これは何で作ってあるの」など質問をしながら、ご入居者は、買い物を楽しんでいらっしゃいました。
射的コーナーではコルク銃を構えて「パン!」。上手く的に当たらないと「もう一回撃てるかしら」とご入居者は意欲満々です。
今年の喫茶コーナーでは「アイスクリーム」と「どら焼き」を販売。どら焼きの皮は、スタッフの手作りです。朝早くから、ホットプレートに生地を流し込み、一つ一つ丁寧に作りました。ご入居者のリクエストにお応えし、どら焼きは、定番のあんことクリーム。アイスクリームのトッピングにはチョコレートとキャラメル。それぞれ2種類の味をご用意しました。


バザー:朝から行列ができました!

射的:よーく狙いを定めて~

どら焼き:なんとスタッフの手作り

どら焼き:あら!半額になったわ!

アイスクリーム:じゃんけんでスタッフに勝つともう1つ

アイスクリーム:トッピングはチョコ味とキャラメル味

午後の部スタート!

司会の室井が「午前中は楽しかったですか!午後も楽しみましょう!」と挨拶。ケアサービス課課長佐生の開会宣言で午後の部が始まりました。 最初のプログラムは「コーラスの会」の発表。歌詞カードを全体に配り、メンバーだけでなく会場全体で「恋の季節」を元気よく歌いました。 続いて2名の新入社員の紹介。「ご入居者のためにも頑張ります!」と意気込みを伝えました。
 

フラダンス&盆踊り&ソーラン節♪

浦安で活動されている「フラ フイ オハナ ポリネシアン ダンススタジオ」の皆さんをゲストでお招きしました。「Aloha!」と元気に登場。最初にハワイの美しい自然を表現したフラダンスの振り付けを全員で練習しました。「お魚釣りまーす!」「地引網引っ張りまーす!」などわかりやすい表現で、動きを説明してくださるので、ご入居者も楽しそうに手を動かしています。フラダンスを3曲見せていただいたあと「フキラウ」の曲に合わせ練習した振り付けで踊りました。
続いて民謡踊りグループ「陽踊」の皆さんと盆踊り。陽踊さんの踊りにご入居者は手拍子で参加します。「東京音頭」がかかると、施設長の平塚をはじめスタッフも踊りの輪に加わりました。ご入居者もお誘いしあっという間に踊りの輪が広がりました。ステージプログロムの最後は、スタッフによる恒例の「ソーラン節」。踊りの前に参加メンバーの意気込みを発表。2年連続、3年連続のスタッフや9年目スタッフ全員で「頑張って踊ります!」と宣言しました。今年はスタッフの息子さんも踊りに参加。立派にセンターを務めご入居者から喝采を浴びていました。

夕食のご案内&施設長挨拶

食事サービス課課長石井より、「今日の夕食は和食と洋食のお好きなメニューを選んでいただいた特別料理です。お楽しみに!」と説明。
納涼祭の最後は、新浦安フォーラムから異動してきたばかりの施設長平塚が「皆さんのパワーに負けないよう頑張っていきたいと思います。本日はおつかれさまでした」と締めくくりました。

納涼祭特別料理♪

夕食は、和食か洋食かお好きなメニューを選んでいただきました。人気があるのは、和食ですが「絶対洋食が好き」とおっしゃる方もいらっしゃいます。今日は、ご家族と一緒に夕食を召し上がられたかたも多くいらっしゃいました。
**************************************

和食メニュー

ちらし寿司、蟹スープ蒸し、天麩羅盛り、赤出汁、スイカ

洋食メニュー

クラブサンド、ポテトフライ、ミートボール、温野菜、コーンスープ、プリン

富士見サンヴァーロスタッフ浴衣コレクション
鮮やかな青に飛行機がポイントの齊藤。可愛いピンクにお花模様の髙𣘺は、赤い帯がチャーミング。
ご入居者の健康を一番に、日々奮闘している二人は看護課‼しっとりと着こなしています。



ケアサービス課の新人佐藤は、黄色い帯がポイント。

蝶の模様が素敵です。
緊張した面持ちですが、ご入居者とお話するときは、ニッコリと笑顔になります‼ まだまだ未熟ですが、先輩方を見習って精一杯頑張ります!

事務管理課の尾崎は、白地に青と紺で爽やに。
ご入居者や、ご家族、スタッフの質問に、迅速かつ適切に答えられるよう、日々勉強中です!よい施設にするためには、まだまだ学ぶことはたくさんあります。


4階を担当するケアサービス課主任の永井は、ストライプのシンプルな浴衣に、ゴールドの帯が映えています。
皆さんがいつも明るく元気で過ごせるように!ご入居者に笑顔で接するようこころがけています。

 
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年8月3日 訪問美容
毎月2回オープンする訪問美容。
ご入居者のスタイリングをするのは、西船橋にある「てんだりぃ」の美容師さん 。今日は9名の予約があり、朝から大忙しです。
一番乗りのご入居者が、鏡の前にスタンバイ。「今日は、パーマとカットをお願いね」と美容師さんにオーダーします。
「だいぶ伸びちゃったわ」とご入居者。カルテを見ると2ヶ月ぶりのカットでした。美容師さんとの会話を楽しんでいるうちに、ヘアスタイルが完成していきます。仕上げのブローが終わり、手鏡を持ってバックスタイルも確認。綺麗に仕上がったヘアスタイルでご満足そうなご入居者でした。
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年7月27日 酒楽会
今日は酒楽会。ご入居者が毎月楽しみにされています。夕食が終わるとホール奥のカウンターに「BAR FUJIMI」がオープンしました。
スタッフが多目的ホールにいらっしゃったご入居者にオーダーを取りワイン、ビール、焼酎やジュースなど、皆さんお好みの飲み物を注文されます。ご入居者同士やスタッフとおしゃべりしながらお酒も進み、ほろ酔い気分になったところで、皆さんの大好きな「カラオケ」が始まりました。ご入居者が順番に「炭坑節」「人生劇場」「同期の桜」などを歌います。「この曲はよく歌ったんだよ」と目を細め昔を懐かしむ方も。次は何を歌おうかとスタッフと一緒にカラオケ本をご覧になるご入居者。歌うごとに声の調子も上がっていきます。「もう一杯!」とお酒もすすみ「もう一曲!」とカラオケもすすみ、楽しそうなご様子でした。
 
舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年7月13日 外出ツアー
雨の予報だった外出ツアーでしたが、ご入居者の日頃の良い行いのおかげで、当日は晴天に恵まれ「東京タワー」へ行ってきました。
チケットを買ってイザ!ガラス張りのエレベーターに乗り展望台へ。景色を楽しむ間もなくあっという間に、地上145メートルにある第一展望台に到着しました。お天気がいいので東京の街並みがよく見えます。「あっ!あれは何かしらね」など楽しくお話をしながらレインボーブリッジや新宿の高層ビル、六本木ヒルズなどの景色を堪能しました。展望台には「ルックダウンウィンドウ」という、 ガラスの床になっているところがあり真下が覗けるようになっています。スタッフがご入居者に「ガラスの床に乗ってみましょう」と誘い恐る恐る近くまで行くと「キャーッ!!」と悲鳴が…。 高いところが苦手な方は要注意です。
一通り景色を楽しんだ後は、可愛らしマスコットやお菓子などのお土産を、ご自分用とご家族用にとたくさん買いました。

楽しいランチタイム♪

ご入居者が外出ツアーで楽しみにされているランチタイム。フードコートで思い思いにメニューを選びました。ピザや、ラーメンなどどれも美味しそう。お食事をしながら見てきた景色や、買ったお土産の話しで盛り上がります。

お食事のあとはデザートタイム。色とりどりのアイスクリームにワクワクします。何味にするか、コーンにするかカップにするか、ダブルにするかなど楽しそうなご様子でした。

舞浜倶楽部 富士見サンヴァーロ 2017年7月7日 夕食

今日は七夕、夕食に七夕御膳を召し上がっていただきました。イクラを星に、豆腐を川に見立てた天の川豆腐は、織姫と彦星が出会えるようにと願いを込めました。
今が旬の丸茄子は煮卸しに、鱧は湯引きで梅肉と一緒にさっぱりと。この時期はジメジメとして体調を崩しやすいので、歩く漢方薬と言われているすっぽんの茶碗蒸し、鰻の棒寿司を召し上がっていただきました。特にすっぽんは、古来より滋養強壮、強精剤として使用されていたようです。デザートの無花果ワイン煮は、召し上がりやすいようにゼリーを添えました。無花果は栄養価の高い果実で不老不死の食べものと呼ばれています。
七夕飾りをご覧になりながら、楽しそうに召し上がっていらしゃいました。

*************************************

7月7日の夕食メニュー

【小鉢】天の川豆腐(イクラ・旨出汁・振り柚子)
【蒸し物】すっぽん茶碗蒸し(葱・クコの実・生姜)
【造り替り】活け鱧湯引き(あしらい・梅肉醤油)
【煮物】丸茄子煮卸し(蛇の目人参・木の芽)
【食事】鰻棒寿司(ガリ)
【留椀】赤出汁
【デザート】無花果ワイン煮(セルフィーユ)


 
舞浜倶楽部富士見サンヴァーロ 2017年7月2日 七夕祭り
フロアごとに一足早く七夕を楽しみました。ご入居者は、「元気で楽しく過ごせますように」「笑顔で過ごせますように」など、思い思いの願いごとを書いた短冊や飾りを、笹の葉に吊るしました。昔から笹は神聖なものとして大切に扱われてきたことから、願い事を笹に吊るすようになったと言われています。ご入居者の願いが天に届きますように…。今日のおやつにスイカをご用意。スタッフが包丁を入れると「パッカーン」ときれいに2つに割れました。ご入居者が召し上がりやすいように、切り分けていく様子を見ながら「まだ食べちゃダメかしら」と熱い視線がスイカに注がれています。お待ちかねのご入居者にスイカをどうぞとお渡しするとさっそく一口「ガッブ!」「お味はどうですか?」とスタッフの問いかけに、「とっても甘くておいしいわ」とニッコリのご入居者の皆さんでした。
舞浜倶楽部ページトップ
会社案内リクルートお問い合わせサイトマップ
MAIHAMA CLUB CO., LTD. All rights reserved. 
 
介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部
本社/ 〒279-0023 千葉県浦安市高洲1-2-1 TEL.047-304-2400 FAX.047-352-7302